Translate:多言語翻訳

冠婚葬祭

結婚指輪のブランド!2017年-2018年注目の人気top5

投稿日:

結婚指輪のブランド!2017年-2018年注目の人気top5

夫婦の証・・結婚指輪

人生のパートナーを見つけ、新たに歩み始める二人に。

常に目に見える結婚の証である結婚指輪。

指輪の値段が愛の大きさなんてことはありませんが、お互いに気に入るリングが

見つかるにこしたことはありません。

沢山あるブランドの中でも、2017年に人気を集めそうなブランドを調べてみました。

2015年人気のブランドtop5を紹介

第1位

I-PRIMO (アイプリモ)公式サイト
ブライダル専門店なので圧倒的な種類があります。
さらに、細部にこだわった丁寧なつくりなのに、料金もお手頃価格から揃うのも嬉しいです。
きっと理想にぴったりのリングに出会えます。

I-PRIMO (アイプリモ)公式サイト

第2位

4℃(ヨンドシー)
シンプルでつけ心地良いと評判です。
シンプルだけど、さりげなくセンスが良い印象です。はでな指輪が苦手な人にはもってこいかも。

4℃公式サイト

第3位

CARTIER (カルティエ)
言わずと知れた有名ブランドです。1847年にジュエリー工房を構えたのが始まりで、一世紀以上
高い評価を受けています。
その確かな技術は、結婚指輪にも活かされています。意外にもシンプルなものは比較的低価格。

カルティエ公式サイト

第4位

K.UNO(ケイ・ウノ)
フルオーダーでデザインも豊富なのが特徴、オリジナル思考の強い人に人気。
サイズ直しや修理の相談にも早い対応と評判。

ケイウノ公式サイト

第5位

THE LAZARE DIAMOND(ラザール ダイヤモンド)
NY発祥のダイヤモンド専門店。100年を超える歴史を誇る。
カッテイング技術がトップレベル。結婚指輪の輝きにこだわる方に人気です。

THE LAZARE DIAMOND(ラザール ダイヤモンド)公式サイト

もちろん、他にもたくさんのブランドがあります。

じっくりと納得の出来るリングを見つけられると良いですね。

スポンサーリンク

結婚指輪の素材はどれが良い?

結婚指輪の代表とも言える素材はズバリ『プラチナ』でしょう。

しかし、プラチナ以外の素材も人気だったりします。

結婚指輪の素材を見てみましょう。

プラチナ

結婚カップルの実に8割が選ぶプラチナ素材。

圧倒的な人気を誇る素材です。

『丈夫』『純度が高い』『希少』

プラチナはとても丈夫な素材です。変質にも強く、アルコールや酸、高温と言う環境にも影響をほぼ受けません。

永遠に輝きが衰える事はありません。

そして、とても希少な素材で、ゴールドに比べて年間供給量は24分の1と言われています。

ジュエリーに用いられるプラチナの純度は90%~95%と不純物が殆ど混ざっていないピュアに近い事も人々を魅了する理由の一つです。

注)金属アレルギーになりづらい素材ではありますが、絶対にアレルギー反応を起こさないという万能素材ではありません。

ゴールド

黄金に輝くゴールドは高貴で華やかな素材と言えます。

純金となれば、プラチナ同様に熱や腐食、湿気などの条件にも強く、半永久的に輝きを持続します。

一般的にジュエリに用いられるゴールドはK18という金75%に銀12.5%銅12.5%を混ぜた合金です。

K24という純金は非常に柔らかくて傷がつきやすく加工に向いていない為、K18が主流なんですね。

また、ゴールドは混ぜ合わせる金属により、輝きの色を変える事ができます。

ホワイトゴールド
グリーンゴールド
ブラックゴールド
ピンクゴールド
ローズゴールド
レッドゴールド

と様々な輝きを魅せてくれます。

注)ゴールドもアレルギーに比較的なりづらいと言えますが、絶対ではありません。

シルバー

結婚指輪としては一般的とは言えない素材ですが、シルバーも立派な素材です。

プラチナやゴールドに比べて、環境の影響を受けやすく、温泉などに浸かると黒く変色します。

しかし、その変色は表面的な変色ですので、磨けば何度でもピカピカに戻ります。

実はシルバーは磨いた場合プラチナやゴールドよりも一番輝きます。

注)シルバーも同様です。金属アレルギーのリスクはあります。

スポンサーリンク

パラジウム

パラジウムは近年ジュエリー素材としても注目されてきている素材です。

プラチナと似た輝き、プラチナより軽く安く錆びない。

なかなか優秀な素材と言えます。

注)パラジウムは金属アレルギーにならないと言われていますが、残念ながら金属アレルギーの陽性を示す結果も存在しますので、万能素材とは言えません。

チタン

チタンは軽く、強い素材です。温泉に浸かっても錆びずに変色もしません。

純チタンであれば金属イオンが溶け出す事はなく金属アレルギーになる事はほぼありません。

通常の生活の中で変色する事はないと言って良いと思います。

安心して身に付ける事が出来る素材と言えます。

注)非常に極まれにチタンでアレルギーを起こす方も居るようです。
チタン素材の指輪を買う場合には念のため合金やメッキなどの有無の確認は必須でしょう。

結婚指輪の探し方の本質とは?


結婚後、ずっと身に付ける指輪ですから、正しい選び方をしたいですね。

ブランドや価値などで選ぶのも良いですが

やはり、アレルギーを起こさず、安心して身に付ける事が出来る事が一番大事なのではないでしょうか。

一生身に付けるものだから、希少性や高価で恥ずかしくないものを選ぶという考え方も間違いではありません。

しかし、最も重要な点として『安心』は最優先で考えて欲しいと思います。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-冠婚葬祭

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.