Translate:多言語翻訳

家電

USB3.0と2.0比較とUSB3.1情報!

投稿日:

USB3.0と2.0比較とUSB3.1情報!

USB3.0と2.0の違いの基礎編

家電量販店では規格の異なるUSBも混在して販売されている事がほとんどです。

パッと見は似ているので、混在して売っていると、その違いが分かりにくいです。

実はUSBは規格によって速度が全然違うんです!

パソコンを筆頭にデジタル家電などの周辺機器の接続規格として、ずっと使われていたのが『USB2.0』です。

そのUSB2.0の上位規格として登場したのが『USB3.0』です。

このUSB3.0は少しずつ一般ユーザーにも普及してきました。

しかし、普及してきたと言っても、2.0と3.0の違いを分かっている人はあまりいないのではないでしょうか?

データ転送速度は最大で10倍の違い!

USB3.0と2.0のそれぞれの規格を見てみると

【USB2.0】480Mbps
【USB3.0】5Gbps(5000Mbps)

USB2.0と比べてUSB3.0はおよそ10倍の速度でデータを転送出来るんです。

※bpsとは1秒で転送出来るビット数の単位。

10倍というのは理論上の値であって、必ずしも正確にいつでも10倍速いというわけではありませんが、それでも間違いなく体感出来るレベルで速度の違いがわかります。

スポンサーリンク

■電力供給量もアップ!
USB2.0とUSB3.0では速度の他に供給出来る電力も変わります。

USB2.0では500mAだったものが、USB3.0では900mAに増えています。

80%のアップにより、消費電力が高いHDDなどで安定したバスパワー駆動が可能になっています。

USB2.0とUSB3.0の2つの見分け方

USB2.0とUSB3.0の見分け方には主に2つの方法があります。

1つ目はコネクタの色で見分けます。

USB3.0はコネクタの内側部分が青くなっています。

それに比べてUSB2.0のコネクタ内側部分は黒が基本となっています。

2つ目の見分け方はインターフェイスのマークで見分ける方法です。

上がUSB2.0で下がUSB3.0です。

USB3.0のインターフェイスのマークにはSSの文字が追加されています。

USB3.0は読みも書きも早い!

USB2.0とUSB3.0の読みと書きの速度の違いは明白な程違います。

USB2.0とUSB3.0の速度の違いで、最も分かりやすいのは“読み込み速度”です。

USB2.0に比べて4倍の速さで読み込みが出来ます。

書き込みの速度も読み込み程ではないものの2倍の速度となっています。

書き込みに関しては2倍の差という事で、小さなファイルでは、それほど違いはわからないでしょう。

しかし、容量が大きくなるにつれて、違いが出てくると思います。

スポンサーリンク

USB3.0の速度を半減させる?注意点

無さそうだけど、案外やってしまいがちなのが

ソケットの挿し間違い

ソケットを挿し間違えると、どんな影響があるのでしょうか?

◆3.0のソケットにUSB2.0を挿した場合

この場合は、なんと2.0のスピードが僅かにアップするという結果に。
USB2.0も3.0に挿して使用するのがオススメです。

◆2.0のソケットにUSB3.0を挿した場合

コレは悲惨な結果が・・なんと2.0のソケットにUSB3.0を間違って挿すとスピードが半減してしまいます。
3.0を利用している人は必ずソケットの確認をしましょう!

後付けHDDデータバックアップ編

ファイルのバックアップや移動など、大容量のデータの移動時に重宝する後付けハードディスク。

HDDも2.0と3.0の規格がありますが、3.0の高速コピーは、大容量のデータの時にその威力を発揮してくれます。

20ギガという大容量のデータ転送速度を2.0と3.0で比較。

大容量のファイルコピーでは読み込み、書き込みともに、およそ3倍の速度差で3.0が優秀という結果に。

当然ですが、ファイルが大きい程、コピーに時間がかかります。

USBと異なり、書き込みも高速で行えるという事がポイントです。

■高速コピーにハブ経由はNG!
高速転送機能を最大限に活かすには直接繋ぐが一番!

USBポートが足りない時にUSBハブが活躍します。

しかし、このハブが転送速度にかなりの影響を与えている事を知っていましたか?

ハブ経由で大容量データの転送をすると3.0では速度が半減してしまいます。

ハッキリと違いが出るくらいなので、大容量のデータ転送は直接パソコンに繋いで行うのが最適です。

■3.0の高周波がWi-Fiに干渉する?
USB3.0で後付けのハードディスクを接続していると、Wi-FiやBluetoothが遅くなるという情報もあります。

アンテナの付近にUSB 3.0機器を置いた場合、Wi-Fiの速度が1/3程度に落ちた、というデータもでています。

外付けハードディスクをUSB3.0で繋げる場合、パソコンの本体から離して置いた方がよさそうです。

USBの高速を更に加速する方法!

パソコンの設定を変更するだけで、USB3.0の速度を更に加速させる事が可能です。

USBメモリをexFAT形式にフォーマットして書き込みの時間を短縮する方法なんですが、exFAT形式の特徴といえるのは書き込み時間が短いという事です。

フォーマットを実行するにはデータを全て削除する必要があるので

必ずバックアップ

を取っておきましょう。

それでは、手順を。

手順①
PCからUSBメモリのプロパティを選択。

手順②
ハードウェアからUSBメモリを選択し、プロパティを選択。

手順③
全般から設定の変更を選択。

手順④
ポリシーから高パフォーマンスを選択し、『OK』

手順⑤
フォーマット画面からファイルシステムをexFATに変更。
ここでデータは全て消去されてしまうので、バックアップは必ず取りましょう。

これで、実際に5MB/S速くなっています。

新規格のUSB3.1とは?

USB最新規格の3.1。従来の規格を超える新たなコンセプトとして『パソコン周辺機器を全て3.1で接続する』という方法。

キーボードやマウスといった従来から使われていた周辺機器と電源やネットワークもUSB接続で実現するという規格です。

更に、3.1ではスピードも3.0の2倍になるという計算となります。

そして、コネクタの表裏が関係ないリバーシブルコネクタを採用しています。

この形状は『USB Type-c』という端子です。

コンパクトで両端のコネクタが同じで、表裏どちら向きでも挿せる端子となっています。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-家電

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.