Translate:多言語翻訳

宇宙

2018年火星が大接近!7月31日の最接近時の距離は5,759万km!観測しよう!

投稿日:

2018年火星が大接近!7月31日の最接近時の距離は5,759万km!観測しよう!地球の一つ外側に存在している惑星が火星なのですが、この火星が今年(2018年)に地球に大接近する事を知っていますか?

火星は実は定期的(約2年ごと)に地球に接近を繰り返しているのですが

その接近距離は毎回バラバラなんです。

そんな火星が2018年7月31日に地球に大接近します。

この記事では地球に最接近する火星について詳しく取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

火星が地球に大接近する!


上記の画像は非常に大雑把に作ったのですが、火星はおよそ2年ごとに地球に接近を繰り返しています。

2年ごとに地球に接近するのは地球と火星の軌道の関係があって、地球はほぼ円に近い軌道で太陽の周りを周回しているのですが

火星の軌道は若干ですが楕円形を描いて太陽の周りを周回しているんです。

この関係で地球と火星が接近する頻度は約2年なのですが地球も火星も常に太陽の周りを公転しているので

接近するポイントがピッタリと合わないと最接近する事にはなりません。

これは地球は太陽の周りを365日かけて一回りするのに対して火星は687日かけて太陽の周りを一回りする事が理由です。

火星が太陽の近くにいる時に地球と近づくと大接近になるのですが反対に火星が太陽から離れた位置で地球と近づくと小接近になります。

過去の接近を見ても2003年の接近移行で地球とも距離が6万キロを切った大接近のケースは数える程しかなく2003年の接近距離は極めて近い接近になりました。

ちなみに2003年の接近距離なみに近づいた事は過去を遡ると1924年に5578万kmまで接近した場面まで遡らないといけません。

今回の5,759万kmという距離は2003年の接近距離に比べると多少離れていますが、それでも6万キロを切る接近はそう見られるものではないです。

今後の接近予測でいくと6万キロを切る接近が起こるのは

2035年9月

2050年8月

2065年7月

2067年9月

2082年8月

2097年8月となります。

地球と火星の接近データ
接近日 接近距離
2003年8月27日 5,576万km
2005年10月30日 6,942万km
2007年12月19日 8,817万km
2010年1月28日 9,933万km
2012年3月6日 10,078万km
2014年4月14日 9,239万km
2016年5月31日 7,528万km
2018年7月31日 5,759万km
今後の大接近日予測
2082年8月31日 5,588万km
2287年8月29日 5,569万km

火星と地球の大接近というのは実は頻繁に観測できる事ではないんですね。

地球と火星の軌道の動きをシュミレーションした動画を作ったのでご覧ください。

観測は6月下旬から9月まで出来る!


7月31日に地球に大接近する火星は接近が始まる6月の下旬から接近を終え離れて行く9月の上旬ごろまでが観測には最適な距離と時期になります。

最も地球に大接近する7月31日には明るさがマイナス2.8等になるので非常に明るく輝くので天体望遠鏡で観測すると火星の細かい部分までしっかりと見る事ができます。

また、最接近以外の時でもマイナス2等を超えるので観測には最適な明るさになります。

星の明るさ
星の明るさは『等級』であらわされます。

6等級や5等級から1等級とありますが

数字が大きい程暗く、数字が小さい明るくなります。

1等級が一番明るいわけではなく、1等級より明るい星はマイナス等級になります。

【暗い】6等級⇒0等級⇒マイナス1等級⇒マイナス4等級【明るい】

ちなみに、太陽は約マイナス27等級です。

月は満月の時には約マイナス13等級で金星は最も明るい時にはマイナス4.7等級。

スポンサーリンク

7月31日の『スーパーマーズ』を観測しよう!


地球に大接近する火星は『スーパーマーズ』と呼ばれ、この距離まで接近すると普通に肉眼でもしっかりと確認する事が出来ます。

勿論、天体望遠鏡を使う事で火星の表面を非常に詳しく観察する事もできます。

7月31日はお子さんも夏休みの真っ最中だと思うので家族で火星観察をするのも楽しいのではないでしょうか?

火星はどこに見える?

元画像:国立天文台

画像を見ても位置関係がわからない場合は夜空に一際赤く光る星を探してみて下さい。

周囲の星と比較して明らかに赤く明るいので見つける事は難しくないと思います。

天体望遠鏡を用意しておくと火星の表面をハッキリと見る事ができるのでオススメです。

私がオススメする天体望遠鏡はスコープテック ラプトル60 天体望遠鏡セットで、この望遠鏡は価格のわりに高性能で

火星はもちろんなのですが遠くは土星の環や木星の縞をも観察する事ができます。

また、常に地球の近くにある月に至ってはクレーターをいつでも観察する事が出来る能力を持っているので

火星の大接近以外にも夜空を観察する時に持っていると重宝すると思います。

スコープテック ラプトル60 天体望遠鏡セット
スコープテック
売り上げランキング: 6,871

さいごに

非常に稀な火星の大接近が2018年7月31日に起こります。

地球との距離が6万キロを切る接近というのは頻繁に起こる事ではないので間近で火星を思い切り観察する絶好のチャンスです。

7月31日に天気が悪い地域もあるとは思いますが、この接近は6月下旬から9月の上旬までは十分に火星を間近で観察する事が出来るので

この機会に皆で火星の観測をしましょう!

勿論、私は今からスタンバイしています!

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-宇宙

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.