Translate:多言語翻訳

冠婚葬祭

七五三の由来!豆知識や意外と知らない事を解説します。

投稿日:

七五三の由来!豆知識や意外と知らない事を解説します。11月15日は七五三です。

七五三は3歳、5歳、7歳と子供の成長の節目を祝うもので

3歳は男女共に、5歳は男子、7歳は女児の成長を祝う行事です。

地域によっては男児は5歳のみで女児は3歳と7歳で行う所もあるようです。

ここでは七五三の現在の意味合いと本当の意味を解説していきたいと思います。

七五三とは?

子どもの成長を神様にお披露目する行事。

かつて、医療が発達していなかった時代には乳児が生きるという事、成長する事が出来るというのが大変な事だったんです。

赤ちゃんが生まれてから3歳まで生きる事、そして7歳まで生きる事というのが非常に大変な時代で

今のようにある程度『当たり前』の感覚ではなかったんですね。

その昔の言葉には『7歳までは神の内』という言葉があって子供が7歳まで成長する事が出来るのかは

神様次第、運命次第と考えられてきました。

子どもが成長していき、7歳に近づいてくると徐々に神の手から人間の手に委ねられていき

その感謝の気持ちを込めて行われていたんです。

氏神様にお参りする事が七五三の始まりなの。

平安貴族の儀式の由来でもある?


七五三はもともとは子供の成長に感謝するという行事なのですが、平安貴族が子供の成長に合わせて髪型や衣服を

変えて行くという儀式が由来になっている性質が強いのが今の七五三でもあります。

平安貴族は子供が男女児ともに3歳になると髪を伸ばして結い直す『髪置(かみおき)』

男児は5歳になると袴と小袖を着て扇を持つ『袴着(はかまぎ)』

女児が7歳になると本式の帯を始めて締める『帯解(おびとき)』

という儀式を実施していました。

スポンサーリンク

髪置(かみおき)の儀

平安時代というのは男女ともに生後7日目に産毛を剃って3歳になるまでは丸坊主で過ごしていました。

その理由としては乳児の時に髪の毛を剃ると黒々とした丈夫な毛が生えてくると考えられていたからです。

3歳を迎えると男女共に髪の毛を伸ばし始めるのが慣習でしたので

いよいよ髪の毛を伸ばし始める儀式がこの髪置なんです。

袴着(はかまぎ)の儀

平安時代の子供は5歳頃になると初めて袴を着ける儀式を行っていました。

平安時代の頃は3歳から7歳の間に袴を着ける儀式を行っていたのですが、時代が進むにつれて

男児は5歳で袴を着ける儀式を行うという現在のスタイルになったと言われています。

この袴を着ける儀式の事を袴着(はかまぎ)の儀と呼んでいます。

帯解(おびとき)の儀

子どもの着物は、着物に縫い付けている2本の紐で結んで着用していました。

子どもが成長すると、この紐を取り大きなサイズの着物に変えて帯を使って着物を着るようになります。

この儀式の事が帯解(おびとき)と呼び紐解きや紐落とし、帯祝いとも呼ばれていました。

七五三が11月15日である理由


11月15日が七五三の祝いの日である理由には諸説あるのですが

11月15日はインドの二十七宿という歴では『鬼宿日(きしゅくにち・きしゅくじつ)』といって

鬼が自分の家にいる日とされていて嫁取り以外は万事大吉という日でした。

徳川5代将軍である綱吉は子供である徳松の髪置を鬼宿日に行い、それ以来

この日を髪置・袴着・帯解きなどの子供の成長を祝う日と定めたと言われています。

ちなみに当時は七五三という表現は存在していなかったのですが江戸の後期から明治にかけての時代に

着物を新調する事から江戸の呉服屋の商魂もあって七五三と銘打って東京を中心に発展していき今に至るといわれています。

鬼宿日

  • この日は鬼が自分の家にいる日とされていて
    婚礼以外の事は鬼に邪魔される事なく
    行える最良の日とされています。
    江戸時代には既に一般化していたと言われています。

 

スポンサーリンク

七五三のお祝いの仕方は?

お祝いの仕方は最近では晴れ着を新調する人は少なく、主に晴れ着のレンタルで済ます人が多いです。

お参りをする時期も11月15日にこだわる人は少なくなっているので、あくまでも11月15日を目安にして都合の良い日に行う事が一般的になっています。

人によっては神社でお祓いを受ける事もあると思いますが、お祓いを受ける時は予約をするようにしましょう。

予約がなくても行ってくれる神社もありますがお祓いを受け祝詞をあげてもらう場合には予約が必要かどうかを

事前に電話で確認しておく事をおすすめします。

祝儀袋の書き方

紅白の蝶結びののし袋

神社へ支払うお礼は祝儀袋に入れるのですが、書き方や祝儀袋の選び方は

紅白の蝶結びののし袋に上部に『御初穂料』または『御玉串料』

と書いて下段には子供本人の名前を書きましょう。

地方によっては子供の年齢を書き加える所もあるのですが、基本的には子ども本人の名前が書いてあれば大丈夫でしょう。

お父さん・お母さんの名前は書かないでね

七五三のお祝いは身内があげる

七五三というのは基本的に内輪でのお祝い事なのでお祝いの品をあげるのは極身近な身内です。

一般的に品物を送る場合には晴れ着に必要なアクセサリーを送る事がセオリーになっています。

現金でお祝いをあげる場合もあると思いますが、その場合は祝儀袋に入れて子供の健やかな成長を願う気持ちを送るという事になります。

お祝いの書き方

お祝いの祝儀袋の書き方は基本的には『御祝』『七五三御祝』のほかに

3歳『賀御髪置』『御髪置御祝』

5歳『賀御袴着』『御袴着御祝』

7歳『賀御帯解』『御帯解御祝』

お祝いに包む金額は3000円~1万円程度が目安です。

七五三のお祝いへのお返しは不要

子どもの七五三のお祝いを身内から貰った場合は基本的にお返しは不要です。

それでも気持ち的にお返しを送りたいとか、遠方の身内だからお礼をしたいという場合は

七五三の写真を添えてお礼状を送りましょう。

また、近所の方からお祝いを頂く場合もあると思いますが、その場合は特に気持ち的にお返しをしなければならないと考えると思います。

ご近所からお祝いを頂いた場合は御菓子か赤飯を持って子供と一緒にお礼に伺うと良いと思います。

お祝いのお返しのオススメ

  • 千歳飴
  • 鳥の子餅・鶴の子餅
  • お赤飯

 

スポンサーリンク

千歳飴

子どもの年齢の数の飴を入れる

千歳飴というのは子供の健康と長寿を願う飴です。

紅白の棒状の飴が鶴や亀といった縁起の良い絵が描かれた袋に子供の年齢と同じ数入れられます。

棒状になっている飴は長く伸びる事から子供の長生きを願う気持ちが込められています。

そして紅白の飴の色には『ここまで武人に育ってくれた』という事を感謝し祝う気持ちが込められています。

この千歳飴は江戸の中期に浅草の飴売り七兵衛が千年飴・寿命飴という紅白の棒飴を売り出したのが始まりといわれています。

この縁起の良い飴はたちまち評判となり子供の成長を祝う縁起物として定着し今に至るまで受け継がれています。

鳥の子餅・鶴の子餅


鳥の子餅・鶴の子餅はお祝い用のお餅『祝い餅』で、元々は鶴の子餅と呼ばれていたのですが今は鳥の子餅と2種類あります。

鶴は千年・亀は万年と言われるように非常に縁起の良い祝い餅なんです。

なんで亀の子餅じゃなくて鳥なんでろう?

七五三の正式な衣装は?


七五三の正式な衣装というのは意外と親の服装は何が正解なのか迷ってしまう人も多いです。

親の衣装は一般的には父親はスーツで母親はワンピースやスーツになります。

親も和風で揃えなくてはいけないという事はないので

服装に困ってしまった場合はスーツを選択すれば問題ないです。

子どもの七五三衣装

子どもの七五三の衣装は着物というイメージが根付いているかもしれませんが

最近の傾向としては洋服でお祝いに行く家族も増えています。

洋装の場合は男児であればタキシードやスーツ

女児ならドレスやワンピースで神社に行くというケースも本当に増えています。

ここでは和装のご紹介をしたいと思います。

3歳(男女)の和装


男の子の和装は羽二重熨斗目(はぶたえのしめ)模様の紋付2枚重ねに兵児帯(へこおび)に袖無し羽織を着せます。

草履は鼻緒が付いた平底のものが一般的な3歳男児の和装です。


女の子の和装は晴れ着に帯は結ばないで袖無しの被布(ひふ)を羽織の代わりに着せます。

草履は一応正装では甲掘(こっぽり)となっているのですが

3歳と年齢は低いので無理をせずに歩きやすいものを選ぶ方が良いでしょう。

5歳(男児)の和装


5歳の男児の和装は羽織袴のスタイルが基本というか一般的なスタイルです。

熨斗目模様の着物に紋付の羽織、仙台平の袴をつけます。

歩きやすいように袴の丈は短めにすると良いでしょう。

7歳(女児)の和装


7歳の女児の和装は本裁ちにした総柄の友禅などの着物を肩揚げをして着せます。

帯は子供用の袋帯を使い華やかに着飾ってあげてください。

さいごに

七五三のお祝いは数え年でも満年齢でも、どちらでも良いのですが

最近では満年齢で祝うのが一般的になっています。

わざわざ遠くの有名な神社にお参りする人もいますが、地元の氏神様や近くの神社にお参りに行く方が小さな子供の

身体的には楽だと思います。

何事もなく成長した事に感謝の気持ちを持って氏神様にお参りをしましょう。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-冠婚葬祭

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.