Translate:多言語翻訳

スマホ・パソコン

白ロム・赤ロム・黒ロム・灰ロムって?意外と知らないのでは?

投稿日:

白ロム・赤ロム・黒ロム・灰ロムって?意外と知らないのでは?

白ロム・赤ロム・黒ロム・灰ロムとは?

アナタは白ロムという言葉を聞いた事はあるでしょうか?

白ロムという言葉は比較的流通している用語なので

『白ロムくらい知ってるよ!』という人が多いかと思います。

しかし、白ロムが何なのかと突き詰めて聞くと案外深くは知らない人が多いです。

更に、白ロムの他に、赤ロム、黒ロム、灰ロムが存在しているという事は意外にもほとんど知られていません。

現在、携帯大手キャリアはSIMロックの解除を義務化されていますので中古端末が、どんどん流通する事は確実です。

格安スマホの市場も拡大してきていて、白ロムにSIMカードを差し込んで運用するというケースも増えて行きます。

そのような状況が進むと、便利な反面、危険も増えてきます。

中古端末を買う場合に白ロム、赤ロム、黒ロム、灰ロムの事をしっかり知っておく事で安全に中古端末を手にする事が出来るように解説していきたいと思います。

そもそも『ロム』とは?

携帯端末でネットや通話をするには、電話番号などの契約者情報が必要になります。

そして、それらの契約者情報はSIMカードに収められていて、例え端末を変更しても、SIMカードを差し替えれば同じ電話番号で新しい端末をそのまま使えるようになっています。

現在のようなSIMカードが存在する前は、携帯端末の内部の回路上にあるメモリ領域に直接情報を書き込んでいて、それによって携帯端末で通信や通話ができるようになっていたんです。

そして、このメモリ領域のことをEPROMと呼び、俗称で「ロム」と呼びます。

それでは、白、赤、黒、灰ロムを一つ一つ解説していきたいと思います。

白ロム


白ロムとは、簡単に言えば端末に契約者情報が無い真っ白な端末という事になります。

例えば、利用していた端末を解約したとか契約者情報が書き込まれているSIMカードを抜いた状態の事を俗に白ロムと呼びます。

この白ロムはSIMフリー端末と混同されがちですが、実は白ロムとSIMフリーは全く別物です。

SIMフリー端末とは、ドコモ、エーユー、ソフトバンクと契約を交わさなくても新品購入出来る端末になります。

白ロム端末はドコモ、エーユー、ソフトバンクなどのキャリアが販売する端末を解約もしくはSIMカードを抜いたものになります。

白ロムは新品はありません。

新古品はないとはいいませんが、それでも分類としては中古端末に分類されます。

白ロムは基本、SIMカードを新たに差す事で利用が可能になりますが、注意点として白ロム端末を購入する場合は

その端末の残債が無い事は絶対に確認しましょう!

赤ロム


赤ロムについて解説します。赤ロムとはローン購入された端末が、ローンの返済を終える前に中古端末として売りに出され

その後何らかの理由でローン返済が滞りキャリアによって利用を制限された端末状態の事を赤ロムと呼びます。

キャリアによってはローン不払いの場合端末もろともロックしてしまう事がありますので、そうなるとSIMカードを新たに挿しても利用出来ないという状態になります。

この赤ロムの怖い所は、白ロムとして流通し、買い手が付いた時には白ロムとして利用可能な状態なのに、しばらくして不払いになって突如ロックされてしまうという事がしばしばあるんです。

また、赤ロムと呼ばれる由縁は、このように


キャリアによって端末ごとロックされると、電波部分が赤に変わる事が由縁となっています。

ただ、中古端末を販売しているお店は大抵購入後に赤ロム化した場合は返品返金に応じるお店がほとんどです。

お店も赤ロムには注意を払ってはいますが、完全に赤ロムを排除する事は出来ていない状況なので、実際赤ロムは結構な割合で流通してしまっているのが現状です。

白ロムではドコモやエーユー、ソフトバンクのネットワークを利用して通信することが出来ますが、赤ロムはそのネットワークに制限がかかるので、SIMカードをスマホに入れても各キャリアの回線網を通じての通信が出来なくなります。

ところが、赤ロムでもWi-Fiなら通信が可能になります。

Wi-Fi運用が出来るという事と、赤ロムは白ロムより安いという事で、あえて赤ロムを購入する人もいたりします。

黒ロム

黒ロムとは簡単に言えば普通の端末です。

正規の回線契約があって、そのままの状態で利用可能な端末。

この黒ロムという言葉が出てきたのは、白ロムという言葉が流通し始めたからです。

携帯ショップで普通に契約した端末は黒ロムという至ってシンプルなものです。

灰ロム

灰ロムとは端末に電話番号が登録されている状態なのに通話利用が出来ない状態の端末を指します。

通話利用を解約したものの機種変更されていない状態や端末を紛失したことにより解約し新たに端末を購入した事によって放置された端末が灰ロム化します。
白ロムと黒ロムの中間に位置する状態なので、灰ロムと呼ばれています。

灰ロムの契約情報を消去して白ロム化するには加入者本人の同意が必要なので、もし灰ロムを手にしてしまっても白ロム化して利用する事は出来ませんので注意が必要になります。

白ロムを購入する場合は徹底的な調査をしましょう!


白ロムを購入する事は悪い事ではありません。

しかし、白ロムを購入する場合は注意深く調べる事が大切です。

今では、オークションサイトなどても白ロムが出品されていますが、特にオークションサイトで白ロムを購入する場合は注意したいものです。

一応大手キャリアのサイトではネットワーク利用制限を掛けた端末の情報を見る事が出来るよになっています。

スマホ・携帯には『IMEI』『MEID(14桁)』『製(製造番号15桁)』のいずれかの数字が記載されています。

この数字を大手キャリアのサイトに入力してみると、その端末が現時点で利用制限されている赤ロムかどうかを確認する事が出来ます。

ただし、それはあくまでも検索時点での情報ですから、購入後に赤ロム化する事を確実に防げるものではありません。

オークションサイトで白ロムを購入する場合は確実に白ロムだと確証を得てから購入するのが無難です。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-スマホ・パソコン

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.