Translate:多言語翻訳

スマホ・パソコン

プロバイダや回線って?インターネット契約の基礎知識!

更新日:

プロバイダや回線って?インターネット契約の基礎知識!インターネット契約というのは、なんとなく知っているという場合でも具体的には知らないという人も多いのではないでしょうか?

フレッツ光だったりdocomo光だったり、さらにはOCNとかYahoo!BB・・・

無線LANルーターという物がでてきたり意味がわからないという人も多いんです。

ここではインターネット契約の仕組みを具体的に知らないというアナタに向けて詳しくご説明していきたいと思います。

インターネット契約は回線と通信で成り立っている


インターネット契約の仕組みとしての基本的な知識として『回線業者』と『プロバイダ』という2社とネット契約をするのがインターネット契約と覚えておいて下さい。

この回線業者とプロバイダの違いを理解しない事にはインターネット契約の内容はいつまで経ってもあやふやなままです。

インターネットをアナタの自宅に届けるにはインターネットのケーブル自体を管理している回線業者インターネットの接続を接続を担うプロバイダ

両方機能しているからアナタは自宅でインターネットに接続する事が出来ているんです。

例えばフレッツ光をOCNで使っているという場合は『フレッツ光が回線』で『OCNがプロバイダ』という事になります。

基本的には上記の通りなのですが、最近では回線業者がプロバイダもやっていたり、反対にプロバイダが回線事業を始めているなど

わかりにくい状態になってきているのも事実です。

回線業者とプロバイダの特徴は以下の通りです。

スポンサーリンク

回線業者と回線の種類

回線業者というのは、インターネットの回線を提供する会社で、ケーブルを自宅まで引き込む工事の手配をしたり

業者によっては実際に工事を行う場合もあって『フレッツ光』『AU光』などが回線業者になります。

インターネット契約をする場合は基本的には回線業者から決めるのが普通です。

フレッツ光なのかAU光なのかNURO光なのか使いたい回線を選んでいきます。

回線には光回線、ADSL、CATV、などがあるのですが、これらの回線の事をまとめて『ブロードバンド回線』と呼んでいます。

回線名 特徴 通信速度
光回線 回線の中で最も高速で安定した通信が出来る。
下りも上りも安定して高速。
10Mbps~2000Mbps
ADSL 既存のアナログ電話の回線を使うので費用が
安く簡単に設置出来る。
1Mbps~50Mbps
ケーブルテレビ ケーブルテレビの回線を通信に使う方法で
ケーブルテレビを既に利用している場合は
追加料金だけで開始出来る。
1Mbps~300Mbps
携帯電話回線 広域無線ネットワークを利用して通信をする。
自宅はもちろん外でも通信が可能。
10Mbps~200Mbps

一般的には光回線が高速で安定しているのでお勧めです。

というか、おそらく光回線以外は知らないという人もいるのではないでしょうか。

光回線は皆さんご存知の回線ですが、CATVやADSLというのはここでは説明は省きます。

大抵はインターネット契約をする際は光回線の契約をするのが現在の主流です。

ブロードバンド回線を利用してインターネット接続をしていると最大2000Mbpsという速度で通信する事が出来ます(※1)(※2)

よく、スマホの契約などでは『何ギガまで/月』という契約で決められたギガ数の上限を超えると速度が制限されたり

追加金を払って制限を解除する必要があるのですがブロードバンド回線は定額でギガの制限がない事が殆どです。

ブロードバンド回線と言っても、現在の主流は光回線が殆どを占めていてインターネット回線と言えば光というイメージが定着しています。

(※1)Mbps
Mbpsはエムビーピーエスという速度通信の単位でMega bits per second(メガビット毎秒)の頭文字。

1秒間に送信出来るデータのビット数を表しています。

1Mbps=100万ビット/毎秒
1Mbps=125kB/毎秒

Mbpsと書かれていても、実際に意味をよく知っている人は意外と少ないです。

『下り』『上り』という言葉をよく聞いたり目にする事があると思いますが、簡単に説明すると

下りはデータを受信する速度(ダウンロード)。

上りはデータを送信する速度(アップロード)。

インターネットを閲覧していて、このブログを見に来てくれたアナタが快適にこの記事を表示するには下りの速度が重要になります。

下りの速度が遅いと、このブログの画像などが表示されるまでに時間が掛かりイライラする事になると思います。

反対に私がこのブログの記事に画像を挿入する時などは上りの速度が重要になります。

上りが遅いと私はイライラしながらブログを書く羽目になるでしょう。

(※2)2000Mbps
最大2000Mbpsという表記は理論上の最大速度なので
実速度は回線の混雑状況によって変化するので
重要なのは実速度です。
ネット閲覧なら10Mbps以上出れば十分ですし
ゲームや動画なら100Mbps以上で大丈夫。

ブロードバンド回線の仕組みは?


ブロードバンド回線には2つの業者があって、そこが初めて回線を契約する人にとって混乱する部分になっていると思います。

まず、下記に図を簡単に作ってみました。

インターネットを自宅に導入しようと思った時は『回線業者』に申し込みをします。

この回線業者というのはNTT東日本やNTT西日本といった大元の本体と考えてください。

次に接続業者を選ぶのですが、この接続業者の事をプロパイダーと呼びます。

OCNやニフティといった名前は聞いた事があると思いますが、それらはプロパイダーです。

ポイント
インターネットを使うには回線業者と接続業者の2つの会社と契約する必要があります。

回線業者というのは文字通り回線自体を提供している会社で、この回線は回線だけあってもインターネットには接続出来ないんです。

上の図のように、光の回線だけあってもインターネットに接続する信号がない事にはインターネットに接続する事が出来ないというワケです。

回線業者が回線を提供して接続業者(プロパイダー)がその回線に信号を流す事でインターネットに接続する事が出来るようになるのが一般的な形態です。

プロバイダ

プロバイダというのはケーブル内を流れる信号の管理をする会社でメールアドレスなどを提供したりしています。

『ニフティ』や『SO-NET』『BIGLOBE』などがプロバイダになります。

プロバイダは回線を選んだ時に利用可能なプロバイダが大体決まっているので、その中から選ぶ事が多いです。

住んでいる地域や建物の種類によって使える回線と使えない回線があり選べる回線業者が異なる事があるので、その場合には利用可能なプロバイダも変わってきます。

利用する回線が決まったら次に利用可能なプロバイダを選ぶのですが、プロバイダの数はとても多いので、どのプロバイダにしようか悩む事は確実です。

使う回線によってある程度絞り込まれるとは言っても、それでも種類は多いです。

特に拘りがなくてネットに繋がれば良いというなら、どこを選んでも良いでしょう。

ポイントプロバイダの多くは独自の通信規制を設けているのですが
その基準は各社バラバラなので注意しましょう

スポンサーリンク

パソコンは家庭内のLANで繋ぐ


回線業者と接続業者が決まったらすぐにインターネットに繋がるというワケではありません。

パソコンなどをインターネットに繋ぐにはルーターという通信機器を経由させる方法が一般的です。

このルーターには多くの機器を繋ぐ事が出来るのですが、たくさんの機器を繋いでも通信をコントロールしてくれるのでキチンと全ての機器が通信出来る機能が付いているんです。

このような狭い範囲の通信の事を『LAN』と呼び、自宅で使うものを『家庭内LAN』と呼ぶ事もあります。

また、このルーターはLANケーブルで機器を繋ぐ有線通信が基本なのですが有線通信と同時に電波通信(Wi-Fi)も使う事が出来るので非常に便利な物なんです。

接続機器を整理してみよう

接続機器と言ってもルーターだったりWi-Fiルーターだったりワケが解らない人も多いと思います。

これは契約する業者によって使う機器に違いがある事も原因の一つです。

一般的には以下の図のような形態が多いです。

自宅のLANコンセントにブロードバンドルーターを接続して、接続業者(回線業者の場合もある)から提供される通信機器に繋ぎます。

この時に通信機器を一体型のルーターが提供される場合もあるので、その場合はその機器だけで通信が可能です。

Wi-Fiを使いたい場合はWi-Fiルーターを使うと簡単にWi-Fi環境が構築できます。

元となるルーターにWi-Fi機能がない場合は上記の図のように間にWi-Fiルーターを経由させる事でWi-Fi環境を構築する事が出来るんですね。

さいごに


一度ネットの契約をすると意外とそのまま何も見直さないで使い続けるという人はいるのではないでしょうか?

スマホの契約プランはこまめに見直しているという人でも光回線の見直しというのは結構見落としがちなケースがあります。

インターネットの速度が遅いと感じたりすると契約の見直しをしようかと考える人もいると思いますが

実際に契約を見直すとなると、工事のし直しやレンタル機器の返却、場合によっては違約金の発生など面倒な問題に直面して契約の見直しを後回しにするという事もあると思います。

さらに電力の自由化のコラボも多くどの契約が一番良いのか悩むのも面倒という事もあるかもしれません。

ただ、契約に見直しをする事で料金が安くなったり、快適さが大きく変わるという事もまた事実です。

回線業者から届くレンタル機器の性能も様々なので通信速度に大きな差が出る事も珍しくないですし、それだけでも快適さは大幅に変わる物です。

インターネットは毎日使う物であるはずなので、動画視聴で致命的な位に遅いと感じる場合は契約の見直しをすることで快適さに大きな変化が出る事もあるので

積極的に契約の見直しはしても良いとおもいます。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-スマホ・パソコン

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.