Translate:多言語翻訳

冠婚葬祭

婚約から結婚の流れは?法的な手続きはないけど法的な責任は発生する?

投稿日:

婚約から結婚の流れは?法的な手続きはないけど法的な責任は発生する?気ままな関係だった恋人期間から家族になる事を決意し

結婚に歩みを進める人の中で昔ながらの婚約という手順を踏む人ってどのくらいいるのでしょうか?

交際中に思い立ったように結婚に至る人もいますし、妊娠したのをキッカケに結婚を決意する人もいます。

私の周りを見渡してもキチンと婚約を経て結婚に至った人というのは聞いた事がありません。

婚約っていつからなの?

婚約の仕方ってどうなの?

婚約から結婚までの流れって?

と意外と婚約に関する疑問というのは多いと思います。

ここでは婚約から結婚までの一連の流れを詳しくまとめていきたいと思います。

婚約とは?


婚約というのは簡単に言うと『結婚の口約束』です。

婚約というのは二人だけの結婚の約束なので法的な手続きがないものだからです。

ただ、法的な手続きはないと言っても、婚約という形で周囲に周知される事で婚約は単なる口約束だけではなく

一定の法的な責任が発生する重要な約束になります。

この婚約を二人だけの約束にするのか、周囲に婚約の事実を公表するのかによって

その婚約の持つ意味が大きく変わるという事を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

婚約発表はするべき?

婚約発表にはいろいろある。

二人が結婚の意志を固めて婚約に至った場合に婚約発表はするべきなのでしょうか?

結論から言うと婚約発表はした方が良いです。

婚約発表というと芸能人のような大々的な物を想像する人もいるかもしれませんが

正式な婚約として認知されている方法は種類があります。

『結納』『婚約式』『婚約記念品の交換』『婚約披露パーティ』『婚約通知』

それぞれを詳しく見ていきましょう。

結納-ゆいのう-

結納とは日本独特の婚約の形式で、歴史は長く古くから伝わってきている婚約の形です。

結納金や結納品をお互いに交換する事で婚約の成立と認知されます。

結納は立ち会っている第三者が証人となるれっきとした婚約の儀式です。

元々日本では結婚は家同士の結びつきであるという考え方があり、その考え方から結納という儀式が誕生しました。

昔の日本では結納というのは厳格な儀式でしたが、時代の移り変わりとともに結納は

家と家の結びつきというよりも結婚する二人の結婚準備の一つという考えが主流になってきています。

その為、結納の形式も簡略化されて行う人が増えているようです。

結納の歴史

  • 結納の歴史は古く、今から約1400年前の仁徳天皇の時代にまで遡ります。

    仁徳天皇の皇太子が羽田矢代宿禰の娘、黒媛を妻として迎えた時

    贈り物をしたという記述が日本書記にあります。

    これが結納の始まりと言われています。

 

婚約式-こんやくしき-

婚約式というと、聞いた事がないという人も多いと思います。

この婚約式というのは日本古来の考え方ではなくキリスト教の儀式の一つです。

結婚の意志を周囲に周知する催しで、結婚の約束をしましたという事を親族や友人に報告して

既成事実として残しておく事が主な目的です。

この婚約式には決まった決まり事や形式というのはないので人によりさまざまな婚約式をする事があります。

友人や家族が集まり慎ましく食事をして婚約を周知する場合もあればホテルの宴会場を使って大々的に行う場合もあります。

婚約式では一般的に男性から女性に婚約指輪を贈り

反対に女性から男性に時計などを贈る事が多いですし、場合によっては婚約誓約書にお互いがサインするというケースもあります。

婚約記念品の交換

婚約記念品の交換は、文字通り婚約の記念となる物(婚約指輪やアクセサリーなど)をお互い交換する事です。

男性が女性に贈るものは、やはりエンゲージリング(婚約指輪)が一般的で

女性の誕生石を使って湯ぶわをい作る事が代表的でしょう。

誕生石と同じくらいに選ばれるのがダイヤモンドの婚約指輪です。

ダイヤモンドは最も硬度が高いものなので、固い愛の絆を象徴するものとして好んで贈られるようです。

昔は婚約指輪の値段は給料の3か月分だとか40万円程度の物と言われていましたが

最近では結婚前から大金を使う事を避け、二人が気に入った安価な指輪を贈るケースも多いです。

また、女性が男性に贈る品も昔は男性が贈ってくれた物の半値程度の品と言われていたのですが

やはり現在では結婚後の生活をリアルに考えているようで安価な物を贈るケールが増えています。

スポンサーリンク

婚約披露パーティ

婚約披露パーティというのは両親や仲人、友人、知人、親戚を集めて婚約を知らせるパーティです。

婚約パーティの場合は婚約した二人が主催者となりパーティを進めていきます。

婚約パーティを行う人は減っているのですが、行うとした場合はホテルやレストランで行う事が一般的です。

婚約パーティは結婚式のように改まるものではないので服装は婚約した二人はスーツやワンピースですが

出席者には平服で参加してもらう事が一般的な婚約パーティになります。

婚約通知

婚約通知は婚約した事を手紙やはがきで周囲の人に知らせる事で

この婚約通知は単独で行うよりも婚約式や婚約披露パーティと同時に行う事が多いです。

また、最近はメールやSNSなどが普及してはいるのですが婚約通知はメールやSNSではなく

手紙やはがきで送る事が好ましいです。

スムーズな式の為に婚約したらやっておきたい事は?


婚約した二人が結婚式までにやっておきたい事は意外と多いです。

ここでは婚約から結婚式までに準備しておきたい事をまとめてみたいと思います。

両家の顔合わせというのが真っ先に行う事になる大事な事ですが

顔合わせが済んだ後は時間に余裕を持って結婚式の準備をしないと時間が足りなくなってしまいます。

結婚式の半年前から動き出す

結婚式を挙げる日までには決めておかなければならない事がたくさんあります。

かなり時間に余裕を持って準備する事をオススメするのですが

実はこの結婚式の準備が順調にいかずに結婚式前に喧嘩になり険悪な結婚式になる二人も珍しくないです。

最悪の場合では式の準備中に喧嘩別れするカップルもいるくらいなんです。

そうならない為にも時間に余裕を持って行動し準備する事が一番の解決策になるんです。

結婚式の半年前から準備をするくらいが理想です。

式の半年前にやっておきたい事

結婚式の半年前から準備を始めたい事は結婚式や披露宴の会場の下見や予約です。

そして予約が取れたら婚礼の衣装を決め式と披露宴の見積もりを取り金額を明確にしてしまいましょう。

そこまで済んだら招待する予定の人たちをリストにして、同時に職場に結婚を報告しておきましょう。

最近では吉日にこだわるという事も減ってきてはいるのですが、六輝の大安の日というのは

やはり結婚式を挙げる日としては圧倒的な人気になっているので1年後まで予約で埋まっているという事もあります。

ですので早めの予約をオススメします。

六輝(六曜)

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口という暦注の一つ。

大安は終日万事吉。
友引は昼は凶ですが午前、夕方、夜は吉。
先勝は午前が吉で午後が凶。
赤口は午の刻という午前11時ごろから午後1時ごろまでのみ吉。
先負は午前は凶、午後は吉。
仏滅は終日凶。

式の2か月前までにやっておきたい事

勤務先に結婚式から新婚旅行の休暇を忘れずに出しておく事と結婚式当日の司会や撮影係などの依頼を済ませておく事です。

また、新居を構えて新生活をスタートする場合は新居も決めておき生活用品なども揃えておくと良いでしょう。

招待者に対して招待状を発送し引き出物も決めておきます。

新婚旅行の手配も忘れずにしておきましょう。

とくに海外に新婚旅行に行く場合はパスポートの手配は忘れがちなので注意です。

式の1か月前までにやっておきたい事

招待状の返信の確認と結婚指輪の手配は大切です。

媒酌人(ばいしゃくにん)への挨拶や式と披露宴の進行や演出も決定しておきたいです。

スポンサーリンク

さいごに

婚約というのは様々な形式があり歴史があります。

昔ほど婚約を重要視する事は少なくなってきていますが、結婚する前には婚約状態になる事は皆一緒です。

形式のこだわりぎて高価な婚約指輪を無理に用意してしまい結婚後の生活が苦しくなってしまっては元も子もないので

形式に無理にこだわるよりも、無理のない婚約期間を持つ事が一番良いのかもしれません。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-冠婚葬祭

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.