Translate:多言語翻訳

スマホ・パソコン

iPhoneはバッテリーの低下でパフォーマンスが落ちる?まさかの集団訴訟へ!

投稿日:

iPhoneはバッテリーの低下でパフォーマンスが落ちる?まさかの集団訴訟へ!iPhoneの古い機種が意図的に性能を抑えるという事実が発覚したappleがアメリカで集団訴訟を起こされました。

これはapple側の説明によると

『バッテリーが劣化すると大量の電力の消費に耐えられずに本体の電子部品に悪影響を及ぼす可能性があるため強制的にシャットダウンしてしまう
この強制的なシャットダウンを防止する目的で古い機種(一部)の性能を意図的に低下させていた』

という事らしいですが、この処置について一部のユーザーが

『新しい機種を購入させる目的なのではないか?』

と憤慨しiPhoneに払ったお金の返金を要求しているとされています。

スポンサーリンク

iPhoneの機能を低下させる事は正義か悪か


この問題というのは直近で話題になった事例が印象的で、それは古くなったバッテリーを新品に交換したらiPhoneの動作が速くなったというものです。

この事例は比較的多く見かけたという印象があったのですが

『いやいや気のでいでしょう・・』と私は思っていたのですが気のせいではなかったという事ですよね。

アメリカ最大の掲示板サイト『Reddit』を利用しているユーザーのTeckFire氏は、自分の持つiPhone 6 Plusのバッテリーの交換に伴い

バッテリー交換をする前と交換後のCPUのベンチマークを確認した結果

バッテリーを交換した後のiPhoneの処理性能が大幅に向上している事に気づきました。

そこで「Apple」に事実関係の問い合わせを行うとapple側から「意図しないシャットダウンに対する修正を加えた」という応答が返ってきたという事です。

appleによると古くなったバッテリーはiPhoneのパフォーマンスを低下させバッテリーの許容を超える電力の使用によって強制的に電源が落ちるという

ある意味で電子部品の防衛が行われる事を防止する為の措置と説明しています。

この回答を受けて『古い機種の性能を勝手に低下させるなんておかしいじゃないか!』と憤慨したワケですね。

iOSのアップデートによって、iPhone 6sやiPhone 7の性能が制限されている事実がデータから明らかにされ冒頭の集団訴訟へと展開は動いて行ったという事です。

ユーザーに無断で性能を落とす事は良いのか?


この問題はapple側と原告側で意見や考え方が真っ向から対立しています。

お互いの主張を整理してみると

原告
ユーザーに無断でiPhoneの機能を低下させ制限するのは契約にないから違法。

そもそも機能の低下に対してユーザーは同意していない。

新しい機種に買い替えさせる為の行為なのではないか。

という意見のようで、要約してしまうと『無断で機能を低下させた』事が問題だと言っているワケですね。

確かに原告の言い分は間違ってはいないという感じがします。

これに対して被告であるapple側の主張は

被告
旧機種に指摘されてる問題はバッテリーの劣化による

強制的なシャットダウンを防ぐ目的でピーク電流を円滑化する機能をiPhone 6、iPhone 6S、iPhone SE向けにリリースした。

意図しないシャットダウンに対する修正。

これを要約すると『総合的なパフォーマンスの維持とデバイスの寿命を延ばすというユーザーの為の修正ですよ』という事ですね。

我々は親切心でやった事で言うならばアフターサービスの一環だとも聞こえなくもない主張です。

スポンサーリンク

原告に非はない事は確実である

この問題は原告側には非はない事は間違いないのですが、apple側にはどのような問題があるのでしょうか?

まず、ユーザーに無断で行った事については弁解は出来ないでしょう。

結局の所、契約時に『パフォーマンスを維持する為に将来的に機能の制限や修正を行う事がある』という文言がないわけですから。

確かにバッテリーは使用によって劣化していく事は確かですし、それによって起こる不具合もありますが

appleがバッテリーの劣化によって不具合が起こる事を知っていたのならユーザーに対して

古くなったバッテリーは強制シャットダウンを起こす可能性があるからバッテリー交換を推奨する旨を告知する事で十分対処可能と考えられますしね。

そういった選択肢を与えずに無断で勝手に修正を加えるというのは過失になる可能性が高いと思います。

iPhoneの使用期間は?


appleはiPhoneの使用期間を『3年』と見積もっています。

3年間毎日充電するとバッテリーはかなり劣化する事が良そうされるので、この3年という期間は的を得ていると思います。

というか個人的にはバッテリーは2年程度でガンガン減るようになる印象があります。

iPhone6は2014年に発売されているので丁度3年を過ぎた所なので今回の変更を加える時期としては矛盾はありません。

全ては『無断』だったが為に・・

appleの中にどんな正義があったとしても、やはり無断でCPUの性能を下げるというのはよろしくないと言えます。

告知しなかった事が最大の罪でしょう。

ただ、appleに完全な悪意があったのか?と考えると悪意があったとも思えないから複雑な問題なんですよね。

恐らく、原告の主張は基本的に認められると思います。

さいごに

私の個人的な乾感想としては古くなったiPhoneのバッテリーを交換すると性能が回復するという事実を知れて良かったです。

そろそろバッテリーの劣化が目に見えてきているので来年早々ににバッテリーの交換をしようかなと本気で考えています。

この問題が表面化していなかったらバッテリーの交換なんて考えずに機種変更していたかもしれません。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-スマホ・パソコン

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.