Translate:多言語翻訳

日常生活

セブンイレブンがネットコンビニ!『スマホで注文⇒自宅に届く』2019年全国展開へ!

投稿日:

セブンイレブンがネットコンビニ!『スマホで注文⇒自宅に届く』2019年全国展開へ!『ちょっとコンビニ行ってくるわ』という事が無くなるかもしれない?

コンビニ大手のセブンイレブンがコンビニの商品をスマホで注文して配送するサービスを本格的に始動します。

ちょっとコンビニ・・という言葉が死語になる日も近い?

スマホで注文⇒自宅に配送


今ではネットショッピングは当たり前でAmazonや楽天などスマホで欲しい商品を注文して

あとは自宅に届くのを待つだけというのは、もはや当たり前になっています。

欲しい物はネットで買うというニーズは非常に高く、ネットショッピングは家電を取り扱うヤマダ電機なども参入しています。

そんな状況において、ネットで買い物が出来なかったのがコンビニです。

例えば、Amazonの商品をコンビニで注文する事は出来ましたし、ローソンはネットスーパーを展開してはいるのですが

コンビニで販売されている商品をスマホで注文するというサービスはなかったんです。

簡単に説明するとネットコンビニはスマホで注文したセブンイレブンの商品を指定した場所へ配送してくれるというサービスです。

コンビニ最大手がネット市場に参戦

ネットで商品が注文できる時代に?

セブンイレブンは全国に約2万店舗を抱えるコンビニ最大手です。

その圧倒的な実店舗数でコンビニ業界ではトップのシェアを誇ります。

全国各地に点在するセブンイレブンは2019年にも沖縄に進出する予定なので全国に実店舗が存在する事になります。

そのセブンイレブンを持ってしても現在のネットショッピング市場の勢いを脅威に感じているようです。

Amazonや楽天といった大手のネット販売事業の成長は実店舗販売を続けるコンビニ業界の客足にも大きな影響を与えています。

コンビニ最大手のセブンイレブンが本腰を入れてネット市場に参入する事でインターネットで買い物を済ませるユーザーの獲得が大きく期待できるとしています。

スポンサーリンク

実は既に実施されていたネットコンビニ


セブンイレブンが『ネットコンビニ』と呼ぶサービスなのですが、実は既にセブンイレブンは2017年10月から北海道の小樽市などの

25店舗で実験的に運用しています。

ネットで注文する人はスマホからお届け先を指定すると

アナタが希望するお届け先に配達が可能な店舗がピックアップされるので、その店舗を指定して注文する商品を選びます。

商品はカテゴリー別にまとめられているので非常に見やすくなっています。

注文出来る商品はカテゴリー分けされている。

注文方法はその他のネット通販と同様に欲しい商品をカートに入れて配達の日時を指定すると

1時間単位で配達してくれるので代金を支払い商品を受け取るという流れです。

ちなみに、現時点では支払い方法は商品が自宅に届いてからの現金払いのみに対応となっています。

使い勝手の良い購入画面。

現在の試験的な導入時点では以下のようなサービス状況になっています。

まず、注文の受付自体は24時間受付中で、実際の配達可能時間は午前11時から午後20時まで。

金額は1度の注文につき1000円以上から配達が可能になっていて3000円以上の買い物で無料配送してくれます。

3000円以下の場合は別途配送料が216円発生します。

配達は1時間単位で配達してもらえるので最短で購入から2時間で自宅に商品が届く事になります。
※注文から2時間後からの配達になります。

商品を購入時に入力する携帯電話の番号へショートメールが送信され、お買い物の確認通知を受信する事になります。

らくらくお届け便

  • 注文は24時間受付
  • 配達は午前11時から午後8時まで可
  • 1回1000円以上から3000円以上で配送無料

 

スポンサーリンク

注文可能な商品は?

らくらくお届け便で注文が可能な商品は基本的にセブンイレブン店舗で取り扱っている物ですがタバコなど対応していない商品も一部あるので要確認が必要でしょう。

ただ、このネットコンビニは北海道の札幌・小樽地区で試験導入されて以降、ニーズが非常に高く全国展開に自信を見せてるので

全国展開に伴って使い勝手や料金体系、支払い方法などが見直される事も考えられます。

育児・介護中の人に高いニーズ

このらくらくお届け便は育児中や介護中の人や働く女性に高いニーズがあるようです。

例えば、小さなお子さんを育てている人はちょっとした買い物で近所にスーパーへ買い物に行くという事は意外と負担です。

それが土砂降りに雨の日ならば、なおさら大変ですし子供を家に置いて買い物に行く事は避けたいはず。

また、介護をしている人も自宅に介護者を置いて買い物に行くという事は出来れば避けたいはず。

そして、自分自身が病気をしていたり怪我をしている時にはちょっとした買い物の負担というのは想像以上です。

そんな時に1000円からネットでコンビニの商品を購入できるという事は大きなメリットになるはず。

また、今後の全国展開が始まると、自宅に近くにコンビニがない人に需要が増えると思います。

それこそ札幌などの大きな街には近所にたくさんコンビニがあり、近いと家から徒歩1分でコンビニですなんて事も珍しくないのですが

郊外では自宅からもよりのコンビニまで車で15分をいう事もありますので、配達をしてくれるネットコンビニに恩恵は大きいと思います。

今後の展開の道筋は?

セブンイレブンはまずは今年の7月に札幌の店舗に拡大する予定で2019年の8月までに北海道内の全店に展開する事を目標にしています。

まずは北海道で全店展開をした後に全国の約2万店舗に順次展開していく予定になっているようです。

セブンイレブンはコンビニで取り扱っている商品のネット購入が主なので幅広い商品を扱っているAmazonや楽天と単純に比較する事は出来ないと思いますが

Amazonや楽天と違いセブンイレブンは、セブンイレブンで販売している物をセブンイレブンが配送するという物なので品質の安心感は大きいと個人的には感じます。

配達はセイノーの子会社が担当する


このサービスの要ともいえる配達はセブンイレブンが業務提携しているセイノーホールディングスの子会社である

GENieが担当する事で決まっています。

各エリアを巡回している配送車が注文された商品を店舗に取りに行って、自宅に配達するという機動力勝負です。

昨今では配達ドライバー不足が深刻化しているという状況もあるのですがセブンイレブンは悩みの種のドライバーは

近隣に住む女性などを積極的に採用していく事で問題はないとしています。

スポンサーリンク

さいごに

コンビニでの買い物の転換としてネットコンビニは大きな改革と言えると思います。

今やネットショッピングに対応しているか対応していないかで売り上げは大きく左右される状態なので

セブンイレブンがネットショッピングに参入する事の意味は非常に大きいと言えます。

セブンイレブンは1日に10件の注文と単価は2000円を目指すという事なのですが、その目標は軽く達成されるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-日常生活

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.