Translate:多言語翻訳

スマホ・パソコン

HDD復旧料金は高い?故障時には悪徳業者に注意!

投稿日:

HDD復旧料金は高い?故障時には悪徳業者に注意!パソコンは壊れない物だと考えている人というのもいまだに多いのですが、そんな事はないんです。

パソコンというのは、ちょっとした衝撃で壊れてしまう事もありますし、衝撃を与えなくても壊れてしまうパーツもあります。

衝撃を与えなくても壊れてしまうパーツの中でも特に壊れやすいのがHDD(ハードディスク)です。

最近の主流になりつつあるSSDはデータの読み込みも速く可動部品が少ないのでHDDよりも壊れにくいんですがSSDではなくHDDを使っている人の方が多数派なのが現状です。

HDDが故障してしまった時にはHDD復旧業者に依頼して修理するという事もあると思いますがHDD復旧業者には残念な事に悪徳な業者も存在します。

大切なHDDの故障時に悪徳な業者に騙されない為の悪徳業者見分け方をご紹介していきたいと思います。

HDDの寿命は平均で4年!?


様々なデータを保存しておくHDDは消耗品であるという意識をしっかりと持っている人というのは意外と少ないです。

一度HDDを購入すれば壊れる事なく永久に使えると思っている人もいますし、めったな事では壊れないから壊れたなら運が悪かったと考えている人もいます。

HDDというのは消耗品であって運が悪くなくても壊れてしまう物だと考えて下さい。

更に言えばHDDの平均寿命は約4年と短いんです。

HDDの保証期間というのは大抵2年とか3年というものが多いのはこのためなんです。

何の前触れもなく突然やってくるHDDの故障ですが修理を依頼する時にぼったくられない為の予備知識を持っておく事は非常に大切です。

スポンサーリンク

HDDの故障には2つの種類がある!

HDDの故障には大きく2つの種類に分類されます。

『論理障害』と『物理障害』というものがあります。

論理障害
主な症状 ・OS起動時に『○○が壊れています』というエラー表示
・『アクセスできません』と表示されドライブを開けない
・ファイルやフォルダが削除されている
主な原因 HDD内のファイルシステムやドライバが破損していてデータが読み込めなかったり、ウィルスに感染している。

論理障害というのはHDDの本体や部品自体は壊れていないのですが保存されているデータが破損しているので様々な障害が発生してしまいます。

論理障害が起こると例えばフォーマット(初期化)を要求されたり、ファイルやフォルダが開けなくなるといった障害が起こるんです。

また原因がウィルス感染だった場合にはウィルスが様々なデータを破壊するので最悪の場合には起動しなくなってしまう事もあります。

論理障害の場合はウィルス感染以外はヒューマンエラー(人為的なミス)が原因になっている事がほとんどです。

この論理障害の場合は市販されている復旧ソフトで直す事が可能です。

物理障害
主な症状 ・HDDから異音が聞こえる
・回転していない
・再起動を繰り返す
etc.
主な原因 HDD内データを保存しておく箇所が壊れている。
内部ディスクの損傷や基盤のチップの故障など。

物理障害というのは例えばパソコンに強い衝撃を与えてしまったり、水に濡らしてしまったりして物理的に故障しまっている状態です。

物理的な故障というのは自分で復旧するのも市販の復旧ソフトで復活させる事も出来ません。

それこそ自分で復旧させようと下手に触ってしまうと症状が更に悪化してしまったり最悪の場合は完全に終了といった事態を招いてしまいます。

物理障害の復旧は高額!?


物理障害を修理しようと見積もりを取って驚かない人というのは、あまりいないのではないでしょうか?

HDDが故障したから修理をしようと思うと30万円という見積もりが来る事は珍しくないです。

パソコンやHDDの修理をする上で修理の価格を決める指針となるのが障害レベルです。

当然ではありますが障害レベルが重度なほど修理費用は高額になります。

またHDDの修理というのは業界の中で目安となる料金表というものが存在しないので頼んだ業者によって料金というのは全く変わります。

運悪く設備の弱い業者に修理を依頼してしまうと他の修理業者へ再委託する事で料金は更に高額になるケースもあります。

この業者による料金帯というのは10万円や20万円の差がつく場合もあるんです。

悪徳業者の特徴とは?


壊れてしまったHDDの修理を頼みたいけれど、ネットで検索するといろんな業者があって迷ってしまうという事があると思います。

やはり無数にある業者の中で選んでしまいがちなのは少しでも安価な業者ではないでしょうか?

その安価に惹かれて修理を依頼すると痛い目に合うという場合があります。

どのような業者に注意すれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

注意①見積もりが有料の業者!

業界的に見積もりは料金が発生しないというのが原則というか基本です。

しかし中には見積もりを出すだけで料金が発生する業者が存在します。

見積もりを出してもらうだけでお金がかかる業者は避けた方が無難です。

注意②データ量で価格が違う業者

広告に『○○GB:8000円~』という記載をしている業者を見かける事もあると思いますが、この表記にも注意が必要です。

HDDの修理はデータ量に値段が左右されるというのはおかしな話しで修理の工程はデータ量に関係なく同じなはずなので!そもそもデータ量で料金が変わる業者も避けた方が良いでしょう。

故障しない為のHDD管理方法!

少しでも故障のリスクを減らす為には保管方法というのも大切になってきます。

HDDの保管ポイントや壊れにくいHDDの選び方をご紹介したいと思います。

HDDの保管は乾燥剤が重要!

普段使う事のないHDDはそのまま適当に保管するよりはジップロックなどの密封出来る袋に乾燥剤と一緒に入れて保管する事で湿度からHDDを守る事が出来るので故障のリスクを下げる事になるでしょう。

HDDはNAS用が無難

HDDはウエスタンデジタルのRedシリーズが使われている製品が安心です。

普通のHDDと比べて高いのですがサーバー用にも使われるほどで頑丈です。

外部からの振動に強く動作可能温度の上限も高いので故障しにくいです。

さいごに

HDDは消耗品であるという事をしっかりと意識して必ず壊れる物と認識しましょう。

大切なデータを守るという事もそうですが、実際に故障してしまった時には悪徳業者にぼったくられないように注意しましょう。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-スマホ・パソコン

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.