Translate:多言語翻訳

車のエアコン!臭いにおいや冷えないなどのトラブルの原因と解消法!

投稿日:

車のエアコン!臭いにおいや冷えないなどのトラブルの原因と解消法!エアコンくさっ!

エアコンきかないんだけど?

アナタは暑い夏に車に乗っていてエアコンを使いますか?

『燃費が悪くなるから使わない』というドライバーも結構多いのですが、一度も車のエアコンを使った事が無いというドライバーはいないのではないでしょうか?

私も基本的にはエアコンは使わないタイプなのですが、やはり暑さに負けてエアコンを使う事があるのですが

その時に感じた車のエアコンのトラブルについてご紹介したいと思います。

また車のエアコンと燃費の関係についても詳しくご説明したいと思います。

車のエアコンのトラブルとは?


暑い夏に重宝する車のエアコンですが、全くトラブルに無関係というドライバーさんってどれくらい居るのでしょうか?

暑い夏でも車のエアコンをつけると寒く感じるくらい車内を冷やしてくれるのですが

エアコンのトラブルというのは意外と多いです。

トラブルといっても小さなトラブルから大きなトラブルまで様々ですが

一般的で代表的なエアコンのトラブルをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

エアコンがきかない!

暑い夏というのは走行中の車の窓を開けていても暑いですよね?

もう我慢ならん!とエアコンをつけてみたものの、生ぬるい風しか出てこない・・・

肝心な時にエアコンがきかないなんて事になるとエアコンの意味がありません。

基本て金いエアコンから冷たい風が出ないという場合はエアコンのガス漏れが一番疑われる要因です。

そもそも車のエアコンが冷たい風を出す仕組みというのは注射の前にアルコールで腕を消毒された時に感じる『ヒンヤリ』感と同じです。

注射の前にアルコールで消毒された時にヒンヤリ冷たく感じるのはアルコールが蒸発する時に皮膚の表面の熱を一緒に奪って行くからです。

この熱の事を気化熱と言ってエアコンのシステムは気化熱を利用して車内を冷やしています。

そしてエアコンが車内を冷やす為にはエアコンガスという冷媒をシステムの中に循環させて熱交換を行います。

詳しく仕組みを説明するとタンクに貯えた液化ガスを車内にあるエバポレーターというところで気化させることで周囲の熱を奪います。

そこで気化させたガスはエンジンルームにあるコンプレッサーへと運ばれて行き液化されます。

この時に車内で気化した際に奪った熱の分だけ高温になる液化ガスをコンデンサーで冷やしてタンクに戻すという具合に車内を冷やしています。

という事は車のエアコンがきかないという事は、冷媒であるエアコンガスが何らかの理由で循環していない可能性が高いという事がわかると思います。

なので、まずはエアコンガスが循環しているのかの確認をするのがポイントです。

その他にも意外な盲点があるのでチェックしてみましょう。

■『温度センサー』

車内には温度センサーがついている事を意外と知らない人が多いです。

乗っている車の車種によってセンサーの位置は違うのですが、この車内の温度センサーが汚れていると室内温度が検知できずにエアコンが作動しない場合があります。

喫煙者の場合はヤニ汚れでセンサーが反応しなくなっているケースもあるので極端に汚れている場合は綺麗にしてみるのも一つの方法です。

■『ベルト』

ベルトが滑っているとコンプレッサーに上手く圧力が掛からないので冷媒を変換できなくなるので

この部分も要チェック項目と覚えておきましょう。

エアコンの温度調節がきかない


エアコンをフル稼働しているのに全然冷えていないという経験はありませんか?

エアコンの温度設定がきかない原因というのは様々な要因があって

『エアコンガスの不足』『車の電力不足』『エアコンシステムの凍結』『エアコンユニットの故障』『コンデンサーの汚れ』など原因は多々あります。

基本的に『コンデンサーの汚れ』以外の項目というのは素人が対処するのは難しいのですがコンデンサーの汚れが原因であれば十分対処する事が出来ます。

コンデンサーが汚れているとエアコンの本来の熱交換能力を発揮する事が出来なくなるので綺麗にブラシなどを使って掃除する事で本来の能力を発揮する事が可能になります。

また、エアコンというのはフル稼働させすぎると冷えすぎてエアコンシステムが凍結する事もあります。

そうなると、やはりエアコンの冷えが悪くなるので長時間フル稼働させているという自覚がある場合は一度エアコンを切って放置しておくという方法もあります。

ポイント
エアコンのガスは減ったら補充すれば良いという物ではありません。
本来エアコンのガスというのは補充しなくていいように作られています。
確かにガスが不足して補充すればエアコンのききはよくなりますが
それは一時的な応急処置でしかありません。
大切な事はガスが不足する原因を見つけ対処する事です。

スポンサーリンク

エアコンの風が臭い!

久しぶりに車のエアコンをつけた時に不快なほどエアコンの風が臭い事って一度は経験していると思います。

このエアコンの悪臭の原因というのはエアコンの内部に棲みついている細菌やカビなんです。

カビや細菌にとってエアコンの中というのは最高の棲み家なんです。

よくエアコンの悪臭の原因は埃やタバコのヤニと考えがちですが、本当の原因は細菌やカビです。

エアコンの内部は暗くて湿度が高いので細菌やカビが繁殖しやすい環境になっているんです。

このエアコンの悪臭を消し去るにはエアコンの内部を掃除してしまうのが最も確実な方法です。

とはいっても素人がエアコンの深部まで掃除するというのは難しいと思いますので、ホームセンターに売っているエアコンクリーナーや消臭剤を活用するのが簡単です。

エアコンの吹き出し口に直接スプレーして消毒液をエアコンダクトに送り込むタイプの物が簡単でおすすめです。

ポイント
費用を掛けない方法としては夏場でも窓を開けないで暖房をかけて
エアコン内部にある水分を飛ばして乾燥させてあげる事で
カビや細菌を死滅させる事もできます。

エアコンと燃費の関係は?


冒頭でも書いたように『エアコンは燃費が悪くなるから使わない』というドライバーも多いと思います。

ガソリン代を節約する為なら暑さは我慢する!といったように炎天下の中でも窓を全開にして乗り切るドライバーさんをよく見かけます。

では実際にエアコンと燃費というのは関連性はあるのでしょうか?

応えは関係があるです。

エアコンをつけるという事は当たり前ですが『暑い』という事で、その暑い温度を涼しい温度まで下げる為にエアコンを使うワケですが

例えば外の気温が25度だとして車の車内温度を24度に設定すると温度差はわずかに1度しかないのですが、この1度の温度差でもエアコンをオンにすると燃費は10パーセントは悪化するというデータがあります。

車内の設定温度と外気温の差が大きくなるほどエアコンがエンジンに与える負荷は大きくなるので燃費も大きく悪化することになります。

夏場に少しでも車のエアコンによる燃費の悪化を防ぐにはどうすれば良いのでしょうか?

日よけ&換気


夏の炎天下に車を置いておくと車内の温度は恐ろしいくらいに上昇していきます。

炎天下の日なたに長時間駐車する場合は日よけのカバーをして車内の温度が上がり過ぎないようにしましょう。

この日よけカバーは駐車中の車内温度の上昇を防ぐという意味ではとても有効なので積極的に使います。

それでも真夏の者には温度が上昇するので、車に乗り込む前に車内にこもった熱気を逃がしてあげる為に換気をしましょう。

大袈裟に言えばすべてのドアを全開にするくらいの気持ちで換気するんです。

エアコンを使う前に出来る限り車内の温度を下げる事で少しでも外気温と車内の設定温度の差を小さくする事が燃費の悪化を最小限にする効果的な方法です。

ポイント
効果的に車内の温度を下げる方法は助手席の窓だけ全開に開けてから
運転席のドアを5回ほど開け閉めしてください。
するとあっという間に車内温度が外気温と同じくらいまで低下します。

スポンサーリンク

エアコンは内気循環で使う

エアコンは外気を取り入れるよりも内気循環で使用した方が燃費は良くなります。

なぜかというと、暑い外の空気を冷やすよりも設定温度の近い車内の空気をエアコンでコントロールする方が熱効率が良いからです。

ある調査では外気を取り入れてエアコンを使うよりも内気を循環させた方が4%燃費が向上するというデータもあります。

また、風量も手動でマックスの強さにするよりもオートにしておく方が燃費は向上するので

エアコンを使う時は内気循環でオートにするのが一番良いでしょう。

ポイント
内気循環は外の新鮮な空気を入れずに車内の空気を回している状態なので
必要に応じて換気は行った方が良いでしょう。

さいごに

暑い夏にはエアコンを使わなくては耐えられない状況の時もあると思いますが、いざエアコンを使う時に思わぬトラブルが起こる事は珍しくないので

まずはエアコンの中に細菌やカビを繁殖させないという事を意識する事が大切です。

あまりエアコンは使わないというドライバーさんほど逆にエアコンの点検などをした方が良いです。

あまり使わないという事は知らない間にエアコンが恐ろしい事になっている可能性が高いからです。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.