Translate:多言語翻訳

ドライブレコーダーおすすめの一台!取り付けタイプは?

投稿日:

ドライブレコーダーおすすめの一台!取り付けタイプは?

車にドライブレコーダーは必須アイテム?


運転の状況を記録してくれるドライブレコーダー。

最近ではドライブレコーダーの低価格化も進んでいて気軽に導入しやすいところまで来ているのですが、実際の普及率はどうでしょうか?

2013年に1200人に聞いたアンケートで車に搭載している機器を調査したデータでは搭載率1位はETCで実に82.9%で以下

2位 カーナビ 80.2%
3位 バックモニター 33.4%
4位 レーダー探知機 20%

と続きます。そしてドライブレコーダーの搭載率は5位でその割合わずか

『5.9%』という結果でした。(2013年調べ)

2014年にはドライブレコーダー普及率は『8.1%』に微増。

2015年は『10.6%』へと増加しています。

増加していると言っても10人に1人しかドライブレコーダーを搭載していないワケですから、認知度は上がっても実際に搭載するには至っていない人が多いのが現状です。

ドライブレコーダーは、いわゆる対岸の火事という認識が、今でも根強いのかもしれません。

自分は大丈夫、別に何かあるワケじゃないし・・・

何か事が起きなければ、自分事として考えるというのはなかなか出来ないものです。

備えあれば憂いなしと言葉は知っていても、実際の心構えとして受け止めるというのは実際難しいでしょうし、それが普及率として答えが出ているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ドライブレコーダーは何故必要?メリットは?


ドライブレコーダーを搭載する目的として真っ先に思い浮かぶのが『事故時の証明』ではないでしょうか?

事故が起きた時に、その時の状況はトラブルの種で、当事者同士で主張が食い違う事は珍しくありません。

・どちらが赤信号だったのか矢印が出ていたのかという信号状況の証明。
・相手の一時停止無視の立証や自分の一時停止の証明。

など相手の過失を証明したり、自分の正当性を証明する際にドライブレコーダーは有効です。

また、事故だけでなく、警察の取り締まりに対しても自分の正当性を証明する事が出来ますし、逆に警察の取り締まりの不当性の証明にもドライブレコーダーは有効なんです。

警察の理不尽で強引な取り締まりは現実にたくさんありますので、しっかりと自分の正当性を主張する為には証拠は必須です。

また、例えば駐車場などで相手が後方のアナタに気付かずにバックして来て接触してしまったケースでは

接触前にクラクションを鳴らし危険を知らせようとしたかも重要になりますが、相手がクラクションを鳴らされていないと主張してくるケースもあります。

言った言わない、鳴らした鳴らさない、止まった止まらなかった等の水掛け論をシャットアウト出来るのがドライブレコーダーです。

交通事故や取り締まりだけでなく、ドライブ中に接触され、相手が逃げてしまう当て逃げの被害にあうこともあります。

多少の接触なら「当たってない」ととぼけられるケースもありますし、その時に有無を言わさずに事実を証明する事も可能なるんですね。

ドライブレコーダーを搭載する事のメリットは記録と証明が確実に出来るという事に尽きます。

ドライブレコーダーを搭載していなければ、どんなにアナタが本当の事を言っていたとしても証明出来ずに不利になってしまうかもしれません。

目撃者を探しても、目撃者が見つからなければ第三者の証言が得られず、場合によっては真実でない事がまかり通ってしまうかもしれません。

ドライブレコーダーは例え目撃者が居なくても、その全てを記録してくれているのでアナタの主張を証明する事は簡単になります。

ドライブレコーダーに求める必須の機能は?


ドライブレコーダーには様々な種類や機能があります。

①吸盤でガラスに貼り付けるタイプ

②ダッシュボードなどに設置するタイプ

③ミラー一体型タイプ

大きくこの3つが主になります。設置方法で僕は以前、①の吸盤タイプを使っていたのですが、これはオススメ出来ません。

オススメ出来ない理由として吸盤が結構外れるんです。

車に乗った時にドライブレコーダーが外れてブラブラしてるという事が何度もありましたし、運転中に外れて落下した事も何度もあります。

極めつけは、夏に車に乗り込んだ時に、またドライブレコーダーが外れてブラブラしてたのですが、何故か吸盤だけはフロントガラスに付いていたんです。

よくよく見てみると、真夏の暑さに耐えられなかったのか、吸盤が溶けていてドライブレコーダー本体が外れて落ちていたんですね。

当時フロントガラスとリヤガラスに同じドライブレコーダーを付けていたんですが、リヤのレコーダーは無事で溶けたのはフロントだけなので暑さに耐えられなかったのは確実です。

となると設置タイプとしては②か③になるのですが、僕は断然③を推奨します。

強く推奨します!

まず、いちいち吸盤が外れてイライラしないですし、取り付け位置に神経を使う必要もなくなります。

たったそれだけ?と思うでしょうが、長くドライブレコーダーを使っていくと、それだけの事がとても有り難く感じるものです。

スポンサーリンク

意外と重要?ドラレコのモニター

ドライブレコーダーにはモニター付きとモニターレスの2種類があります。

これは迷わずモニター付きのドライブレコーダーをオススメします。

理由は明確で、モニターレスだと自分の思った通りの角度で記録されているのかが確認出来ないからです。

モニター付きだとその場で位置の微調整が出来るので絶対モニター付きをオススメします。

ドラレコにはどんな記録方法があるの?

ドライブレコーダーには常時記録とイベント記録のタイプがあります。

常時録画タイプはエンジン始動からエンジン停止までの全てを常に記録し続けます。

イベント記録タイプは、車に衝撃が加わったとき(衝突の衝撃や急ブレーキの衝撃など)に、衝撃を検知した前後数秒から数十秒を記録してくれます。

僕は常時録画タイプしか選びません。

理由は僕はドライブレコーダーに求める事は事故記録だけではないからです。

警察の取り締まりは突然で強い衝撃があるとは限らないし、例えば信号無視の疑いであったり、一時停止の不十分の疑いであったり、衝撃のない事も記録しておきたいからです。

だから僕は絶対に常時録画タイプしか使いません。

ドライブレコーダーはリヤにも必要か?


ドライブレコーダーってフロントだけ録画出来れば良いと考えますか?

もちろんフロントがメインだと思いますが、僕はリヤにも絶対に必要だと考えています。

リヤに必要だと思う理由は主に2つあります。

【理由①:煽られた事の立証】
後方から追突されたとします。その時に後方車両が車間距離を詰めていたり、煽って来ていたりしていて、こちらの右左折時の減速時に追突してくる場合もあるし、赤信号や黄色信号での停車時に追突してくる事もあります。

そんな時に、こちらが車間距離の詰めすぎを主張しても相手は認めないケースもあるので、後方も記録しておく事で証明する事が出来ます。

【理由②:後方からの理不尽な取り締まり対策】
これは覆面パトカーなどにありがちなのですが、明らかな取り締まり不備を証明する為です。

実際に強引で理不尽な取り締まりは蔓延しているので、後方対策はしておいて損はありません。

スポンサーリンク

オススメのパーフェクトドライブレコーダー!


僕が思う最低限の基本性能を全て満たしてくれているドライブレコーダーはONIDORA(鬼ドラ)です。

ミラー一体型で常時録画で録音も可能で後方カメラも付いていて、モニター付きなので、その場で録画状況を確認出来ます。

この鬼ドラの良い所は、エンジンオフで駐車している時でも車の振動を検知すると自動的に電源がオンになり録画が開始され、車へのイタズラも鮮明に録画する事が出来ます。

更にドライブレコーダーは通常連続録画時間が設定出来、例えば『3分録画』にしていれば3分経つと録画した映像を保存し、また3分録画します。

この3分が終わり次の録画開始までに数秒程度空白の時間が出来てしまいます。

この空白の数秒の間に事故が起きた場合、記録されないという事態が起きてしまいます。

鬼ドラは、この空白の数秒がなく連続録画をしてくれます。

また、鬼ドラには駐車ナビ機能が搭載されていて駐車が苦手なアナタでも表示されたガイドで簡単に駐車可能になっています。

いろんなドライブレコーダーを使って来ましたが、結局短い期間でいろんなドライブレコーダーを使ってきたという事は、何かしらの問題があったという事ですが、鬼ドラは暫く変える事はないです。

さいごに、ドライブレコーダー必須の時代です!

ドライブレコーダーは絶対必須です!

相手どうこうというより、自分の正当性を証明する為には欠かせないアイテムだと思います。

自分の為に、ドライブレコーダーで自己防衛しましょう。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.