Translate:多言語翻訳

スマホ・パソコン

ドコモ光の料金!3つの割引から見えた1つの答えとは?

投稿日:

ドコモ光の料金!3つの割引から見えた1つの答えとは?

ついに始まった“ドコモ光”気になる料金は?

2015年3月1日から始まっているドコモ光。

料金や割引内容が出揃っていますが、第一印象は

わかりづらい

自分がどれに当てはまるのか、どれだけ割引を受けられるのか、いくら安くなるのか・・

キャリアを問わず、通信会社にありがちな複雑な料金・割引設定。

一つ一つ見ていきましょう。

そもそもドコモ光とは?

ドコモ光はNTT東日本とNTT西日本から光回線の卸提供(おろしていきょう)を受け、それをNTTドコモのサービスと組み合わせて提供するものということになる。

すでに自宅で光回線を繋いでる人は、工事費なしでドコモ光に乗り換える事が出来ます

光回線を使ってない人はドコモショップで申し込めば、光回線を繋ぐ事が出来ます。

それでは、このドコモ光の3つの売りを見てみます。

スポンサーリンク

■売りその①ドコモ光パック

家族のスマホと家のネットがセットで毎月最大3200円割引!

要するにNTT東西の光回線を利用して最大1Gbpsの高速通信を利用できる光ブロードバンドサービ「ドコモ光」とスマートフォンや携帯電話をまとめて契約すると料金を割引く”セット割”です。

パケットパックとドコモ光を組み合わせたものが

『光パック』なんですね。

この割引額が最大の3200円となるのは、ドコモ光戸建とスマホのシェアパック30へ加入の場合らしいです。

そして、シェアグループの代表回線かれ割引かれるとの事です。

その他のプランの場合の割引は以下。

【戸建の場合の割引額】
シェアパック30(30GB)3,200円割引
シェアパック20(20GB)2,500円割引
シェアパック15(15GB)1,800円割引
シェアパック10(10GB)1,200円割引
データLパック (8GB) 1,000円割引
データMパック (5GB) 800円割引
データSパック (2GB) 500円割引
らくらくパック(200MB)500円割引

【マンションの場合の割引額】
シェアパック30(30GB) 3,000円割引
シェアパック20(20GB) 2,400円割引
シェアパック15(15GB) 1,800円割引
シェアパック10(10GB) 1,200円割引
データLパック (8GB) 1,000円割引
データMパック (5GB)  800円割引
データSパック (2GB)  500円割引
らくらくパック(200MB) 500円割引

光パックの対象じゃない場合は?

僕は、スマホを新料金プランにしてません。

って事は、光パック対象じゃないわけで・・

どうなるんだろう?と思い調べてみました。

旧料金プランの人は月500円の割引になる「ドコモ光期間限定割」の対象になるそうです。

ガラケーもドコモ光期間限定割の対象らしいですが
機種が古すぎると対象外となる場合もあるようです。

ちなみに、対象外のガラケー機種は発表されていません。

対象は

光データSパックや旧料金プランなどでドコモ光にご加入いただくお客様

対象プラン:Xi総合プラン、FOMA総合プラン、Xiデータプラン、FOMAデータプラン、新料金プラ(データSパック、らくらくパック、パケットパックなし)

受け付け期間は
2015年2月16日(月曜)~2015年8月31日(月曜)

申込みは不要で自動適用で、適用期間は利用開始月(日割)+11か月間です。

■売りその②ずっとドコモ割り

ドコモを長く使ってる人がいると、家族のスマホ料金が毎月最大2000円割引!

これが、なかなかハードルが高い印象です。

最大割引を受けられる人は

利用15年以上でシェアパック30の契約者のみ

【利用15年以上】
シェアパック30(30GB) 2,000円割引
シェアパック20(20GB) 1,500円割引
シェアパック15(15GB) 1,000円割引
シェアパック10(10GB) 1,000円割引
データLパック (8GB)  800円割引
データMパック (5GB)  800円割引
データSパック (2GB)  600円割引
らくらくパック(200MB)  600円割引

【利用10年以上】
シェアパック30(30GB) 1,500円割引
シェアパック20(20GB) 1,000円割引
シェアパック15(15GB)  800円割引
シェアパック10(10GB) 800円割引
データLパック (8GB)  600円割引
データMパック (5GB)   600円割引
データSパック (2GB)   なし
らくらくパック(200MB)  なし

【利用8年以上】
シェアパック30(30GB) 1,000円割引
シェアパック20(20GB)  800円割引
シェアパック15(15GB)  600円割引
シェアパック10(10GB) 600円割引
データLパック (8GB)  なし
データMパック (5GB)   なし
データSパック (2GB)   なし
らくらくパック(200MB)  なし

【利用5年以上】
シェアパック30(30GB)  800円割引
シェアパック20(20GB)  600円割引
シェアパック15(15GB)  300円割引
シェアパック10(10GB) 300円割引
データLパック (8GB)  なし
データMパック (5GB)   なし
データSパック (2GB)   なし
らくらくパック(200MB)  なし

この、ずっとドコモ割りはU25応援割との併用も出来るみたいですね。

25歳以下の方がご利用なら26歳の誕生月まで

“2年間使う前提でカケホーダイプランかパケットパックかシェアオプションの契約をした人のみ”

毎月500円の割引を、受けられるというものです。

■売りその③光☆スマホ割
新しく契約するスマホの料金が最大1年間毎月1350円割引

スマホかタブレットを新規契約する時に”光シェアグループ“に加入すれば1年間最大で毎月1350円割引しますよって事です。

これもカケホーダイプランの2年縛りがありますね。

受け付け期間は2015年2月16日~2016年3月31日までとなってます。

複雑な料金プラン

工事費は既にフレッツ光を利用してる方でドコモ光に転用する場合は工事費は0円ですが、契約事務手数料が3000円かかります。

新規で光回線を繋ぐ場合は契約事務手数料3000円と工事費は以下のどちらかによって

戸建タイプ 18,000円
集合住宅タイプ 15,000円

かかります。

既にフレッツ光を利用してる人でもドコモ光に転用時に、1Gbpsへアップグレードする場合は契約事務手数料3000円の他に別途工事費が7,600円掛かります。

いずれの工事費用も一般的な場合との記載があるので、アナタの環境によって金額の上下はあるかもしれません。

スポンサーリンク

注意点!

注意①工事料は一般的な代表例です。申込者の設備状況によっては料金が変動することがあります。

注意②一部の「ドコモ光」工事料のお支払いは一括、分割をお選びいただくことが出来ます。「ドコモ光」工事料を分割でお支払いいただく場合は、2015年6月以前に工事完了した場合でも請求開始は6月以降となります。分割支払い期間中に「ドコモ光」を解約された場合、解約月の翌月に残債を一括で請求させていただきます。ただし、2015年4月までに解約された場合は、2015年6月以降に残債を一括で請求させていただきます。

注意③工事実施前であれば、お申込みの取消が可能です。その場合「ドコモ光」に関するキャンセル料などはかかりません。
ただし、工事着手後にお申込みの取消をされた場合は、発生した費用について、お客様にご請求させていただきます。

注意④土日休日に派遣工事を実施する場合は、上記に加え3,000円かかります。(東日本エリアのみ)

注意⑤年末年始に派遣工事を実施する場合は、料金が異なります。詳しくはお問い合わせください。

土日の派遣工事は割り増し

これ、平日仕事の人は厳しいですよね。

ドコモ光3つのプランを見てみる

ドコモ光には3つのプランがあります。

1つ目は、指定のプロバイダと契約するISP料金一体型A

2つ目は、指定のプロバイダと契約するISP料金一体型B

3つ目は、自分で勝手にプロパイダを決めて料金も自分で払ってよねというドコモ光単独タイプ

んで、結局安くなるの?ならないの?

僕の場合は、ずっとドコモ割りは無理(ドコモにして2年経ってない)、光☆スマホ割りも無理、U25
応援割も適用外。

割引がなんにも受けられないですから、ドコモ光を利用するメリットはなし。

なんてこったい、3つの割引を見て出した1つの答えは

ダメだこりゃ

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-スマホ・パソコン

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.