Translate:多言語翻訳

法律関係

道路交通法!なぜこれが駐車違反?保管場所法とは?

投稿日:

道路交通法!なぜこれが駐車違反?保管場所法とは?車を路上に駐車してしまって、車に戻ると駐車違反で取り締まられていた・・・

こんな経験はありませんか?

駐車禁止の場所に車を駐車する事は悪い事というのは誰もが知っていることだと思いますが

『これって駐車違反になるの?』とか『この場合は?』という疑問を感じている人も多いと思います。

例えば駐車禁止の標識がないのに捕まったとか駐車OKな場所なのに違反切符を切られた!など腑に落ちない取り締まりを受けた人もいると思います。

またちょくちょく車を数十センチ動かせば駐車違反にならないといった噂の真相が気になる人もいるのではないでしょうか?

ここでは駐車違反に関する事を詳しくご説明していきたいと思います。

そもそも駐車違反って何なのさ?


道路交通法には駐車の定義があって、この駐車の定義は2つに分類され1つは『客待ちや荷卸し、故障などにより5分以上継続的に停止すること』という駐車。

そして『停止している車から運転者が車両を離れ直ちに運転出来ない状態』これが放置駐車。

簡単に言えば車の近くにいても車から離れても同じ駐車扱いです。

そして、そんな駐車を禁止する法律である駐車禁止の規制も2つに分類されていて『指定違反』『法定違反』という2つの定義に分類されています。

指定禁止というのは道路交通法4条に基づいて公安委員会が標識を設けている規制です。

法定違反というのは標識に関係なく道路交通法で定められている規制(交差点や横断歩道上など)です。

この基本知識をもとに、駐車違反の疑問を解説していきましょう。

スポンサーリンク

駐車禁止の標識がないのに駐車違反?

辺りを良く確認して駐車禁止の標識がないから一時的に駐車したら違反として捕まってしまったという事はありませんか?

『標識がないのに駐車違反だなんて違法な取り締まりだ!』と思って憤っているドライバーさんもいると思います。

しかし実は法定禁止の場所であれば標識がなくても駐車違反になってしまうんです。

法定禁止の区画は

1・駐停車禁止の標識や標示がある場所
2・坂の頂上付近や勾配の急な坂(上りも、下りも)
3・軌道敷内
4・トンネル(車両通行帯があっても、なくても)
5・交差点と交差点の端から5メートル以内の場所
6・曲がり角から5メートル以内の場所
7・横断歩道・自転車横断帯とその端から前後5メートル以内の場所
8・踏切とその端から前後10メートル以内の場所
9・安全地帯の左側とその前後10メートル以内の場所
10・バスや路面電車の停留所の標示板から10メートル以内の場所(運行時間中に限る)

この法定禁止の区画内に駐車してしまうと例え駐車禁止の標識がなくても違反として取り締まられてしまうので絶対に駐車しないようにしましょう。

ポイント
法定禁止区画は問答無用で駐車違反になる。

駐車OKな場所なのに違反?


駐車OKな場所と言えばパーキングメーターやチケットによる路上駐車エリアでしょう。

この路上駐車エリアは夜間は注射NGな所もあれば、夜間も駐車が可能な所もあります。

この夜間駐車可能な路上駐車エリアであっても取り締まりの対象になる場合があります。

また、法定禁止でも指定禁止でもない場所でも取り締まりにあう事があるんです。

それは道路交通法とは別に『車の保管場所の確保に関する法律』があるからです。

この法律は自動車が道路上の同一の場所に引き続き12時間以上駐車する行為はしてはならないという事と自動車が夜間に道路上の同一の場所に引き続き8時間以上駐車する行為はしてはならないと定められています。

つまり、道路交通法で駐車が禁止されていない場所であっても12時間以上連続した駐車と夜間に8時間以上駐車する保管場所法違反となってしまいます。

この保管場所法の違反は20万円以下の罰金が科されてしまいます。

友達の家に泊まりにいって友達の自宅の前に長時間駐車した場合は保管場所法違反となるので注意が必要です。

また、土日は無料開放されている駐車場も無料だからと1日駐車すると保管場所法違反になるので注意しましょう。

ポイント
保管場所法違反は
『道路使用は3点』で『長時間駐車は2点』が累積し罰金は20万円以下です。
駐車場として届け出ている場所以外での長時間駐車はしないようにしましょう。

スポンサーリンク

路上駐車中に車を少し動かしたらセーフ?

ひと昔前に『路上駐車は駐車状態を確定する為に一度現認した時にタイヤに印をつけて、その後再びやって来て印が動いていなければ取り締まるから一度車を動かせば捕まらない』

という都市伝説のような噂がありました。

実際にこの噂は正しいのでしょうか?

結論から言えば少しの移動程度では継続駐車とみなされます。

ちなみに、この場合は駐車可能な場所に長時間駐車する保管場所法についてです。

保管場所法では同じ場所に連続12時間以上か夜間に連続8時間以上の駐車を禁止しているので『連続していなかったらどうなる?』という疑問です。

夜間に4時間駐車した後に1時間車を動かした場合は連続駐車は継続しません。

実際に途中で1時間ほど別の場所に行っていた場合は継続駐車にはならないのですが、戻ってきて再び同じ場所に駐車した場合

警察官が最初の現認から8時間以上経過して戻って来た時には保管場所法違反で切符を切ろうとするはずです。

『いや、途中で1時間以上車を動かしていたんです』と主張しても、それを証明する事は困難なので信じてもらえない可能性が高いでしょう。

ポイント
少しの移動は継続駐車扱いですが1時間車を動かして戻ってきたら厳密にはセーフ。
ただし、車を動かした事の証明ができないと認めてもらえない可能性が高いです。

道端に駐車しているパトカーは違反じゃないの?


道路に駐車しているパトカーは駐車違反になる場合があります。

これは標識などで規制している指定禁止の場所であれば『取り締まりの為の駐車は違反にはならない』と決められているのでパトカーが取り締まりの目的で指定禁止場所に駐車していても違反にはなりません。

しかし法定禁止区域では話は別で、例え取り締まりが目的にパトカーであっても駐車すれば立派な違反になります。

2008年に空き巣の捜査中のパトカーが赤色灯を点灯せずに交差点内に30分以上駐車しているのを近所の住人が発見し通報され違反切符を切られたという事例もあります。

『交差点や歩道などの法定駐車禁止場所では、事故で交通整理を余儀なくされている場合などを除き、駐車違反が適用される』という事から法律的には完全に駐車違反との判断でパトカーが取り締まられたんです。

法定禁止の場所ではパトカーといえども違反になります。

出頭しなければ点数は引かれない?

駐車違反で捕まっても出頭しなければ点数は引かれないというのは本当です。

2006年から放置違反金と駐車違反の取り締まりを民間に委託する制度がスタートしました。

これによって取り締まりのやり方も大きく変わり、従来の違反の現認から時間を置いての取り締まりというのは無くなり

放置車両の発見とともに直ちに取り締まりを行うようになりました。

実は民間委託の駐車監視員に違反のステッカーを貼られた場合は2つのペナルティがあって、どちらを選ぶかを選択できます。

➀駐車違反として出頭する。
➁出頭せずに放置違反金を払う。

出頭した場合は違反者として点数が引かれ、反則金を支払う事になります。

出頭せずに車の持ち主(使用者)として放置違反金を支払えば違反点数はつかないで一件落着になります。

さいごに

駐車違反にまつわる事を書いてきましたが、もちろん駐車違反は悪い事です。

ただ、保管場所法の存在を知らない人も多いと思いますので、駐車禁止の場所でなくても捕まる事があるんだという事を覚えておいて損はありません。

友達が止まりに来た時に『駐車禁止じゃないし、家の前だから停めていいよ』とは言わないようにしましょう。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-法律関係

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.