Translate:多言語翻訳

タイヤの通販はオートウェイが激安でオススメ!激安の理由と特徴は?

投稿日:

タイヤの通販はオートウェイが激安でオススメ!激安の理由と特徴は?タイヤの交換のタイミングは『ゴムの劣化』『スリップサインの有無』がおおよその目安になります。

スリップサインが出現しているタイヤが危険な事はわかると思いますが

危険なだけでなく溝の浅いタイヤで走行する事は立派な道路交通法違反になります。

『そろそろタイヤ交換のタイミングだな』と思う時に考えるのは出費の痛手ではないでしょうか?

車のタイヤというのは、結構値が張るので溝が減っているタイヤでも、古いタイヤでも無理して使い続けるドライバーもいます。

タイヤの買い替えをする時には少しでも安く済ませたいですよね?

そんなアナタに低価格で品質の良いタイヤを販売しているAUTOWAYをご紹介します。

AUTOWAYとは?


AUTOWAY(オートウェイ)というのは1999年からタイヤの通信販売に力を入れていて

タイヤの通信販売の累計の販売本数が2000万本を超えていて、年間で200万本以上のタイヤを販売している実績があります。

AUTOWAYはタイヤが安いという事で人気を誇っているのですが、AUTOWAYが数あるライバル社に比べて人気がある理由を詳しく解説していきたいと思います。

AUTOWAYは何故安いの?


AUTOWAYがタイヤを安く販売できる理由というのは海外メーカーから厳選したタイヤやホイールを直接輸入して

その輸入タイヤをインターネットを駆使して販売している事で低価格を実現しています。

海外メーカーのタイヤを輸入するという仕組みはわかりやすいと思いますが

AUTOWAYは国産のタイヤも海外から輸入して販売しているんです。

何故、国産のタイヤをわざわざ海外から輸入するの?と感じる人もいると思うのですが

材料費や人件費といったタイヤの製造に関わるコストを大幅に削減出来るというメリットがあるんです。

例えば、国産のタイヤメーカーである『ヨコハマ』を例にあげると製造元は日本とアメリカ、タイなどがあります。

同じヨコハマでも日本製、アメリカ製、タイ製、中国製と製造国は様々なんです。

タイ製だから品質が悪いという事もなくヨコハマタイヤはその国で作られていても性能に違いはないです。

だったら人件費や材料費が安い海外で作られたタイヤを輸入した方がコストが削減できるというワケなんですね。

スポンサーリンク

プライスリーダー

AUTOWAYは独自のプライスリーダーという低価格を実現しています。

プライスリーダーというのは海外からタイヤを大量に仕入れる事とインターネットを駆使した販売でタイヤの流通のコストを極限まで

削減する事で圧倒的な低価格を実現している事です。

従来のように店頭でタイヤを購入する時と比較して1/4という安さで購入する事も可能な場合があります。

安いタイヤは質が悪くないの?

『海外のタイヤは、すぐに擦り減る』とか『海外のスタッドレスは効かない』という声を聞いた事はないですか?

確かに、海外品のタイヤで品質に問題があるタイヤが無いとは言えません。

中には本当に減りが早いタイヤもありますし、スタッドレスタイヤは2年目には効かなくなるタイヤというのも存在します。

しかし、AUTOWAYは品質の管理が非常に優秀です。

AUTOWAYの品質が安心な理由

  • 国際的な品質規格を通ったタイヤだけを取り扱っている。
  • 実際に製造工場を視察して厳選。
  • 全てPL保険(生産物賠償責任保険)加入済み。

 

AUTOWAYが取り扱うタイヤというのは全てが国際的な品質規格をクリアしているタイヤです。

夏タイヤは勿論、品質が重視されるであろうスタッドレスタイヤでも本格的に路面が凍り付く北海道や東北でも品質に対して高い評価をしている人が多いようです。

安いタイヤは品質が悪いという根強いイメージを払拭する為にAUTOWAYは徹底した品質の管理を行っているんですね。

AUTOWAYの特徴


タイヤの購入で人気の高いAUTOWAYが持つ特徴をまとめてみます。

上記で書いたプライスリーダーも特徴の一つなのですがAUTOWAYが持つ特徴はそれだけではありません。

ネット販売に力を入れているAUTOWAYの独特な特徴には、まずは迅速な配送があります。

迅速な配送


オートウェイはインターネットでの注文に対しての配送が迅速です。

お昼(12時)頃までに注文したタイヤは基本的に当日発送になります。

AUTOWAYはタイヤの発送を行う拠点が全国に3か所あるので日本全国に最短1~2日で納品する事が可能です。

タイヤの送料は沖縄を除く全国1本1080円で配送業者は佐川急便、西濃運輸、福山通運、久留米運送・トールエクスプレスジャパンのどれかになります。

注意事項

注文の状況や運送会社の都合によって当日配送が出来ない場合もあるようです。

また、配達先に関してもAUTOWAYには大きな特徴があるんです。

AUTOWAYは自宅以外にも配達してくれる

AUTOWAYは配達してほしい場所を指定する事で自宅以外にタイヤを配達してくれます。

ですので購入したタイヤを直接整備工場に配達してもらう事でスムーズにタイヤの交換をする事も出来るんですね。

最寄りのタイヤ取り付けの店はタイヤピットで検索する事が出来るので

自分の最寄の取り付け店を指定する事でタイヤの持ち運びという手間が省けます。

AUTOWAYのタイヤの価格は?

実際にAUTOWAYではどのようなタイヤが売られているのでしょうか?

安い安いという物の、どれくらい安いのか販売しているタイヤの一部をご紹介したいと思います。

軽自動車が装着する事が多い14インチのタイヤの一部です。

17インチの値段は上記の通りで、タイヤの価格は1本あたりの値段になっています。

輸入ブランドのタイヤの場合は以下のような金額で購入する事が可能です。

非常に低価格なのがわかると思います。

スポンサーリンク

タイヤ交換の目安は?


タイヤの交換のタイミングを判断する事が出来ないという人も多いと思いますので

アナタのタイヤが交換のタイミングなのかを判断する為のポイントをご紹介したいと思います。

スリップサイン

タイヤの使用限度を判断する最も多い理由が『溝が減っているから』だと思います。

ただ、溝が減っていると言っても、実際に自分の車のタイヤの溝がまだ大丈夫なのか、それとも危険な状態なのかの判断が難しいという方もいると思います。

タイヤの溝は1.6mmが使用限度となっています。

自分の車のタイヤの溝の深さを定規で測るワケにもいかないと思いますので、タイヤは溝が1.6mm以下になると目視で判断できるような工夫がされています。

それがスリップサインというもので、溝が1.6mm以下になるとスリップサインが現れます。

スリップサインに関しては以下の動画が非常にわかりやすいので参照してみてください。

ゴムの劣化

タイヤというのはゴムで作られているので時間と共に劣化していきます。

ですのでタイヤには消費期限があってタイヤメーカーが推奨しているタイヤの使用期限は4年から5年となっています。

劣化したタイヤというのは硬化といって硬くなったり、タイヤのゴムにヒビが入ってしまいます。

こうなると例えタイヤに十分な溝があっても使用する事はオススメできません。

タイヤはゴムの劣化が起こる物ですので見た目には気にならない状態であったとしても

タイヤの製造から4年、5年経過しているタイヤは交換の時期に来ていると考えておきましょう。

タイヤの製造年の見方は

赤のラインが製造年ですので上記画像でいうと『2015年』の製造になります。

青のラインは製造の週をあらわしていて上記画像だと40週目に作られたタイヤという事になります。

2015年の40週目なので、2015年8月に製造されたタイヤという事になります。

さいごに

タイヤは消耗品で交換は必ずしなければいけません。

ただ、タイヤを交換するなら少しでも安く交換したいですよね?

品質も安心出来て、安いタイヤを探している人は



AUTOWAYの公式サイトでタイヤを探してみる事をオススメします!

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
TAKA

TAKA

運営者:TAKA 年 齢:30代 出身地:北海道 ‐自己紹介‐ 私はパソコン、車、そして天体が好きな30代です。 ブログでは基本的に自分の好きな事を書いていくスタイルなので カテゴリーはゴチャゴチャしていて汚いと思います(笑) 不定期更新ですがマイペースで更新していきたいと思っています。

-

Copyright© 日常通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.